こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年07月17日 20:00

更新: 2003年03月20日 15:06

ソース: 『bounce』 233号(2002/6/25)

文/木村ユタカ、村尾泰郎、米田貴弘

注目のニュー・カマーをチェックせよ!(チェック・ポイント付き)


FILE 01 THE STROKES


決して新しくないロックンロール・スタイルを、ビックリするほどカッコ良く見せるモダーン・エイジャー、5人組。NYの空気をシンプルなギター・サウンドで、バイオレンスなセクシャリティーと共に炸裂させたそのサウンドは、いまの時代にシンプルなロックの風穴を、スカッと気持ちよくブチ抜いた! 現在のロックンロール・ルネッサンスの火付け役。(米田)

FILE 02 THE MOONEY SUZUKI


NYで結成された、ムーニー・スズキは裸のロック最右翼。〈鈴木〉 ? といってもメンバーに日本人がいるワケではなく、彼らの愛するクラウト・ロック・バンド、カンのヴォーカリスト、ダモ鈴木とマルコム・ムーニーへの敬意からだとか(←簡単)。そんなアバウトな魂が、ヘヴィー・グルーヴにのって咽元を締めつける。ジミヘンの亡霊に会って冷や汗たっぷりン・ロール!(村尾)

FILE 03 THE ICARUS LINE


LA出身の男気あふれる暴走&爆裂サウンド。ティーンエイジャーの日常に巣喰う、絶望や欠落感をハードエッジ・ギターでフリーキーに悶絶させる新世代のストゥージズか!? 衝動的な絶叫とその勢いに対となるメロディーラインが、凄まじいテンションでカオティックに曲を彩る。すでに「KERRANG!」誌でも大絶賛。コートニー・ラヴまでが惚れた直情型ハード・ガレージ。(米田)

FILE 04 BLACK REBEL MORTORCYCLE CLUB


花のサンフランシスコから、ドス黒い乱気流に乗ってやって来た3人組。狂い咲くサイケデリアを動脈にぶち込み、ニヤリと笑ってアルバムをリリース。ロックンロールの源流である〈狂暴性〉がギターの弦を弾くとき、ギター・ノイズは爆発するのだ。アメリカより先にUKで支持されたのは、そのザラついたドラッギーなトリップ感がイギリス人にとっては刺激的だったからかも。(米田)

FILE 05 THE VON BONDIES


ホワイト・ストライプスと同郷デトロイトにて結成、しかも本作はジャック・ホワイト(弟)がプロデュースを担当と、この時点でロックンロール・ガソリンはなみなみと注入されている。が、さらにそこに火を点けるかのような荒っぽいヴォーカルと、轟音ツイン・ギターのカッコ良さ。トラック野郎(エルヴィスもしかり)も祝杯を上げるような、不良っぷりがたまらない。(木村)

COLUMN デトロイトの若い衆をまとめてチェック……


『Sympathetic Sound Of Detroit』(Sympathy For The Record Industry)

できる、とってもコンビニエンスなコンピレーションが『Sympathetic Sounds Of Detroit』。ミソはプロデュース&レコーディングをジャック・ホワイトが手掛けていて、紛れもなく〈ナマ〉なサウンドがセレクトされてるってこと。ホワイト・ストライプスやダートボムズはもちろん、ブ厚いギター・サウンドが魅力のヴォン・ボンディーズ(↑)や、モッド・フレイヴァーがイカすカム・オンズ、ジャックもオススメ、ヘンチメンなど濃ゆ~いメンツが盛りだくさん。あなたのお好みのデトロイトを熱いうちに召し上がれ。(村尾)

インタビュー