こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年07月17日 20:00

更新: 2003年03月20日 15:06

ソース: 『bounce』 233号(2002/6/25)

文/村尾泰郎

アラン・マッギー、ロックの真髄を語る


イギリスのロック・シーンにハイヴスという恐るべき一撃を放った男、アラン・マッギー。彼はかつてクリエイションを主宰し、オアシスを見い出した男でもある。いまやポップトーンズを通しておのれのロックンロールを追求する彼の目にハイヴスは最初どう映ったのだろう。

「ドイツに滞在していたとき、午前1時30分にホテルの部屋で“Hate To Say I Told You So”のプロモ・クリップを観たんだ。ドイツの音楽チャンネルでね。ペレ(・アームグィスト)は紛れもなくロックンロール・スターだと思ったね。彼らはプライマル・スクリームと共に、いま世界でもっともエキサイティングなロックンロール・バンドだと思う」。

では、同じくポップトーンズからコンピレーションをリリースしたデトロイトの暴れ馬、ベルレイズは? やっぱり燃えたんでしょ?

「彼らのライヴを観たときは、なんて粗暴で恐ろしいバンドだろうって思ったよ。だから契約したんだ。彼らのロックンロールとソウルをユニークにミックスさせたところ、そして何者にも屈服していないところがいいね」。

この2つのバンドが象徴するのは「自分自身のロックンロールな部分」と語るアラン。彼にとっては、かつてクリエイション時代にリリースしたジーザス&メリーチェインもハイヴスも同じ地平にあるという。当然だろう。だって彼にとってロックンロールとは、「例えば地方都市リーズのパブで無名のバンドが3人の観客を前にライヴをやっているんだけど、そのバンドのリード・シンガーが、まるでウェンブリー・スタジアムで何千人もの群衆を前にでもしているかのようなパフォーマンスをしている、というようなこと。つまりはアティテュード(姿勢)さ」。

そしてこう付け加える。

「Never Say Never(なんでもあり), Never Say Die(弱音を吐くな)」。

あなたはロックか? 彼はロックだ。

インタビュー