こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年07月17日 20:00

更新: 2003年03月20日 15:06

ソース: 『bounce』 233号(2002/6/25)

文/キング・ジョー

デトロイト・シーンの偉大なるルーツにして、YMOと「うる星やつら」が大好きな男、その名はミック・コリンズ!!

ゴリーズをはじめさまざまなキャリアを通してデトロイト・ガレージ界に燦然と輝くビッグ・ボス、ミック・コリンズ。そんな〈伝説〉に直撃インタヴュー開始!

──ハロー、ミックさん! 現在のデトロイトのロック・シーンはどんな感じですか?

「デトロイトのシーンはここ15年ぐらい全然変わってないよ。たくさんバンドが存在して、彼らがプレイする場所がしっかりあって、ローカルなバンドに優しいところさ。いまようやく世界がデトロイトに一味違ったバンドがいるってことを嗅ぎ付けたようだけど。突然みんなが注目しはじめた(笑)」

──ダートボムズの新作『Ultraglide In Black』がすべて黒人音楽のカヴァーになったいきさつを教えてください。

「アルバムの曲のほとんどは俺が子供時代に聴いてきた音楽だよ。それらがもっとも俺に影響を及ぼした音楽さ。俺のルーツはもともとは60年代のロックンロールにあるんだけど、子供のころから聴いてきて俺にもっとも影響を与えた音楽はラジオから流れてた70年代のブラック・ミュージックなんだよ」

──どのようにあなたの音楽を楽しんでもらいたいですか?

「そうだなぁ(笑)……よくわからないけど、オープンなマインドで聴いてもらうのがベストだと思うよ。ダートボムズのアルバムは、全部違うサウンドになるように作っているんだ。だからユーモアのセンスも必須だね」

──ダンス・ミュージックについては?

「俺の音楽へのアプローチ法はダンス志向がとても強いよ。人々が踊れる曲を作るのが好きだから。ティーンエイジャーの集まるようなショウにもよく行くんだけど、誰も踊ってないことがある。音楽はグレイトなのに。なんでだって思うね(笑)。ダートボムズはオーディエンスが踊りたくなる音楽だってことで評価されてて、俺はいつも言ってるんだ。ビッグなショウよりも、オーディエンスがバンドの存在すら忘れてダンスに忙しいような状態がショウとしてほぼパーフェクトなんだってことをね」

──僕は速い音楽で激しく踊るのが大好きですが、なかなかモテません。どうすればモテますか?

「何かアドバイスができればいいんだけど、実のところ、俺が音楽をプレイしてて男と女の関係になったのは。一生に一度だけだよ(笑)。だからちっともいいアドバイスなんてあげられそうにないや(笑)。俺には運がなかったからさ(笑)」

 
一言だけ……やっぱりミックさんはいいわ! 誌面の事情でムリだったけど、全文はいずれどこかで紹介したい!!アディオス!

インタビュー