こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ボウイを支えた異形のオトコたち

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2002年07月11日 18:00

更新: 2003年03月13日 18:53

ソース: 『bounce』 233号(2002/6/25)

文/村尾 泰郎

 デヴィッド・ボウイをめぐる男たち、なんて言うとちょいとアレですが、ここはざっくばらんにデヴィッド・ボウイに深く関わったアーティストたちを見ていきたいと思います。〈外部からの要素をいかにひとつの美学のもとに吸収/再構築するか?〉がロックンロールのノウハウだとしたら、ボウイはまさに本能的にそれを実践してきた、まぎれもない〈ロックンローラー〉。男たち(=外部)によってみずからをアップデートし続けてきたアーティストなのです。

 まずその初期において、ボウイに思想的な面で影響を与えていたのは英国が誇る演劇人リンゼイ・ケンプであり、そしてアンディ・ウォーホルでした。とくにアンディへの心酔ぶりはギター・ヒーローのポスターを部屋に飾る中学生のごとし。71年に渡米した時に初めてアンディに会って以来、自分のアパートをキャンプなディスプレイで飾り立て〈ファクトリー〉と呼び、バイセクシャルを公言。“Andy Warhol”では〈歩くアンディ、疲れたアンディ、彼は居眠りしてるのさ〉なんて他愛もないことを嬉々として歌ったりするほど。ほんと好きだったんですね。で、この出会いが、ルー・リード、イギー・ポップというロックンロール・アニマルたちとのコラボレーションへと繋がっていくわけです。残念ながらルー・リードとの付き合いは『Transformer』で破局を迎えますが、イギーに関しては、彼のツアーにピアニストとして参加するほど(でも、自分にライトを当てないという条件で)辛抱強く、自滅的なイギーを見守り続けたのでした。ボウイがベルリンに渡って、ブライアン・イーノというこれまた強烈な個性(知性)にインスパイアされながら、ニュー・ヨーロピアンを目指していたそのかたわらにもイギーという〈野性〉はいて、ボウイのプロデュースで『The Idiot』を制作。その直後にボウイも『Heroes』を発表するのですが、その内容、タイトル、ジャケ(のポーズ)のボケ・ツッコミ具合は二人の友情や愛情を越えた何かを強烈に物語っているのです。きっと。

 そうやって外へ外へと飛び回るボウイを支え続けてきたのが、デビュー以来の付き合いだったベーシスト/プロデューサーのトニー・ヴィスコンティでありギタリストのミック・ロンソンでした。この二人はボウイの家に一時は同居していたほどの仲で、彼らがボウイというアーティストの屋台骨となったのは間違いありません。繊細なプロデュース技を見せるトニーと、「オレが母親だったら自分の娘には紹介したくない」とサム・シェパードに言わしめた〈ワルな〉ミック。そしてトリック・スターのボウイ。この黄金のトライアングルは70年代に燦然と輝き続けたのです。その〈黄金の70年代〉に、ボウイはモット・ザ・フープルのアルバム『All The Young Dudes』をプロデュース。タイトル曲はモッズのアンセムともなった名曲ですが、ボウイとは次第に縁遠くなっていったミックが、このバンドの解散間際に参加するという切ないお話もありました。

 そして80年代以降にはナイル・ロジャースとの出会いをきっかけに、クイーンやミック・ジャガーたちとの〈夢の共演〉などをとおしてイッキにメジャー展開していくボウイ。いろいろありましたが、こうしてみるとやっぱり良かったんですね、男運。

文中に登場したオトコたちの作品を紹介。         





         

インタビュー