こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年05月16日 12:00

更新: 2003年03月12日 18:17

ソース: 『bounce』 231号(2002/4/25)

文/薄井 久直、大石 始、桑原 シロー、小樋山 仁、篠原 裕治、 ダイサク・ジョビン、田中一善


ORCHESTRE VEEVE
『Vintege Verckys』
Retro Afrique

フランコのバンドでの活動で名を馳せたザイール音楽界の顔役、ヴェルキスが60年代末に結成したバンドのベスト盤。彼の滋味深いサックスの音色を根幹とし、たゆたうように全ての楽器がハーモニーを奏でて、オーガニックな音像を作り上げる。リンガラ音楽の至宝が詰まったこの一枚。俺にとってアフリカ音楽とはこれ。(桑原)

THE LAFAYETTE AFRO ROCK BAND
『Darkest Light:The Best Of』
Strut

B級センスに溢れたイカすファンクを聴かせたアイスが70年代半ばにパリへと渡り、一時名を変えて活動した時期の美味しいとこどりの編集盤。アフリカ的なリズム表現を追求し、ファンキーで濃いサウンドを生み出すことに成功している。以前リイシューされていた彼らのアナログ盤は一時クラブで花形として重宝されていた。(桑原)

VARIOUS ARTISTS
『EThiopiques 10 - Ethiopian Blues&Ballads』
Buda

聴いてはいけないような淫靡で天然サイケデリックで全身の力を奪う気の抜けまくったサウンドで毎回楽しませてくれるこのエチオピア音楽のリイシュー・シリーズ最新作では、朝方の人気のない場末のバーのはしっこで奏でられてそうな家に帰ってさっさとふて寝かましたくなる寂し~いアンビエント・ジャズなんかを堪能できます。(ジョビン)


VARIOUS ARTISTS
『Kekele - Rumba Congo』
Sterns Africa(2001)

ケケレは、O.Kジャズやオルケストル・ヴェヴェといった名門バンド出身のヴェテランたちが集まって、コンゴ(旧ザイール)音楽の黄金時代を現代に再現した、コンゴ版〈ブエナ・ビスタ〉とでもいうべきプロジェクトだ。まろやかで豊潤なアコースティック・サウンドの美しさは、本家の〈ブエナ・ビスタ〉に勝るとも劣らない出来だ。(篠原)

VARIOUS ARTISTS
『Afrika Underground』
Counterpoint

文字どおり南アフリカのアンダーグラウンド・シーンの70~80年代の音源を中心にコンパイルされた一枚。アフロ・フュージョンからディープなサンバ・スタイルまで、場所を選ばずに聴くことができる。インナー・スリーヴに掲載された当時のジャケットも非常に興味深い。とにかく濃厚なアフリカのレア・グルーヴを味わえます。(薄井)

インタビュー