こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年05月16日 12:00

更新: 2003年03月12日 18:17

ソース: 『bounce』 231号(2002/4/25)

文/薄井 久直、大石 始、桑原 シロー、小樋山 仁、篠原 裕治、 ダイサク・ジョビン、田中一善

これまで紹介してきた作品以外にもまだまだ豊潤な音がアフリカには溢れてる。まずはスタンダードな15枚!!

KING SUNNY ADE AND HIS AFRICAN BEATS
『Synchro System』
 Mango/Island(1983)

マンゴーから の2作目にあたるキング・サニー・アデの名作。 彼が本国のみでアルバムをリリースしていた時代 のゴージャスで豊穣なサウンドとは対極をなす、 クールかつシンプルなサウンドが特徴的だ。そし て、よりハードなエレクトリック・ビートが導入 されている。アデのセンスが究極まで研ぎ澄まさ れた最高傑作といえるだろう。(小樋山)

PAPA WEMBA
『Bakala Dia Kuba』
Next(2001)

リンガラの頂 点に君臨し続ける鬼才、パパ・ウエンバ。ロクア・ カンザとの共演曲“Pourquoi Tu N'es Pas La” を収録したこのアルバムでは、全体的にしっとり とした、じわじわと感情を高めていく彼独特の手 法を味わうことができる。10年ほど前の全盛時代 のような爆発的パワーは感じられないが、非常に 完成度の高い一枚。(小樋山)


FRANCO ET LE T.P.O.K JAZZ
『Le Grand Maitre』
 オルターポップ

有無を言わせぬザイールの巨人、フランコ。今作は彼の晩年の名演ばかりを集めたベスト盤。キラキラとした輝きを放つ彼のギター・プレイと泥臭くも暖かい声、そこにホーンが絡みあってホットなサウンドを作り上げる。どんなときでも凛としているフランコの佇まいが、心地良い風となって耳を撫でてくれる。実にフレッシュな音楽だ。(桑原)

MAHLATHINI
『The Lion Of Soweto』
Earthworks

南アフリカの 大衆音楽は、アメリカのジャズからの影響を強く 受けて発展してきた。ゆえに60年代に確立された ンバクァンガは、初めて南ア独自のオリジナリ ティーを持った音楽であるといえる。その最大の スターが〈ソウェトのライオン〉ことマハラティー ニ。まさに〈ライオン〉の咆哮のごとき歌声は圧 巻だ。全盛期である70年代の録音集。(篠原)

MANU DIBANGO
『Wakafrica』
Giant(1994)

70年代に “Soul Makossa”を大ヒットさせ、フェラ・クティ と並んで、もっとも早くから欧米でも知られてい たアフリカのミュージシャンがこのマヌ・ディバ ンゴ。ユッスー・ンドゥール、サリフ・ケイタな ど、アフリカン・オール・スターズとでもいえそ うな豪華ゲスト陣が参加した、アフリカ音楽のショ ウケース的作品だ。(篠原)

インタビュー