こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年05月16日 12:00

更新: 2003年03月12日 18:17

ソース: 『bounce』 231号(2002/4/25)

文/海老原 政彦

楽器の数だけ楽しみいろいろ! エリア別アフリカン・ミュージック・マップ!!

・北部――モロッコなど
北アフリカの音楽の魅力は、うねるリズムと目眩さえ覚えるそのメロディーだ。そしてそれは地中海を挟んで対峙しているイスラム文化とブラック・アフリカが、サハラ砂漠という砂の海を越えて交わった結果、生み出されたものである。なかでも近年とみに注目を集めているのが、モロッコのグナワと呼ばれる音楽だ。カルカブーと呼ばれる金属製のカスタネットに、ビンビンと低く響くグンブリと呼ばれるギターから紡ぎ出される、ループするリズム。このグンブリは、もともとンゴニと呼ばれるマリのギターがルーツとも言われていて、北アフリカに連れてこられたギニアやマリの黒人奴隷たちが持ち込んだものだ。

もうひとつ忘れてならないのが、タンジール近くのリフ山脈の村に存在するジャジューカと呼ばれる儀式音楽である。ガイタと呼ばれる笛に打楽器やコーラスが加わるその呪術的なアンサンブルは、ブライアン・ジョーンズやウィリアム・バロウズ、最近ではタルヴィン・シンなども虜にした。

アフリカ北部の音楽を聴ける作品を紹介。

・中部――コンゴなど
中部アフリカを代表するポップ音楽といえばリンガラ音楽だ(リンガラとはもともとコンゴを中心とした地域で広く使われている言語をさす。ヨーロッパでは主に<スクース>と呼ばれている )。コンゴ(旧ザイール)で生まれたリンガラ音楽は50年代以降アフリカ全土に急速に広まり、アフリカで最も親しまれている音楽といっても過言ではない。

このリンガラ音楽のバックボーンのひとつとなったのがピグミーの音楽である。赤道の熱帯雨林地帯に暮らす狩猟採集民であるピグミーにとって、音楽は生きていくために必要なもの。日々の暮らしのさまざまな場面で彼らは歌い、踊る。特に彼らのコーラスはポリフォニー・コーラスと呼ばれ、声が幾重にも重なり独特のうねりを作り出す。リンガラ音楽独特の甘いコーラスのハーモニーもその影響を受けていると言われている。また、コロコロと鈴のように転がるリンガラ・ギターのフレーズはリケンベと呼ばれる親指ピアノのフレーズをギターに置きかえたもので、独特のアコースティックな音とリズム感がリンガラ音楽の個性を際立たせている。


コンピ『Forest Music:Northern Belgian Congo 1952』(SWP)

アフリカ中部の音楽を聴ける作品を紹介。

・東部――タンザニア、エチオピアなど
東アフリカを代表するミュージシャンといえばタンザニアのフクウェ・ザウォーセだろう。たびたび来日もしているザウォーセはさまざまな民俗楽器を操るが、なかでも圧巻は60本を越す弁が木箱の上に並ぶ<イリンバ>と呼ばれる親指ピアノ。ジンバブウェのンビーラと原理は同じだが、イリンバの弁はしなやなかに出来ていて音域もずっと広い。

弾き出される音色の繊細さと艶やかさは一度聴いたら忘れられない魅力をもっている。またCDは紹介できなかったが、ケニアの内陸部に住むルオー人の民俗楽器にニャティティと呼ばれる弦楽器があり、ビリビリと地を這うような音色が印象的で、映画「シャンドライの恋」でも重要な役割を果たしていた。

地域的には東アフリカに入るが、エチオピアの音楽はアフリカのなかでも一際個性的だ。エチオピアを代表する民俗楽器にクラールと呼ばれる竪琴があり、巨人ゴリアテとの戦いで知られるユダ王ダヴィデが弾いていた竪琴がルーツと言われている。ちょとくぐもった音色と延々繰り返されるフレーズの陶酔感は、現在のポップ音楽にも受け継がれている。

アフリカ東部の音楽を聴ける作品を紹介。

インタビュー