こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

DISC GUIDE──旅行者たちに捧げるブルースを厳選!(7)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年04月04日 05:00

更新: 2003年03月18日 20:50

ソース: 『bounce』 230号(2002/3/25)

文/大石 始、穀田 大、桑原 シロー、ダイサク・ジョビン、堀内 幸江、村尾 泰郎

音楽に登場する乗り物たち、僕らをどこへ連れていってくれるの?

小節を費やし〈ここよりほかの場所〉に聴き手を運ぶのはポップ音楽の本分のひとつだから、アーティストが曲の上で気に入りの乗り物に乗り込んだり、聴き手にもそれに〈お乗りよ!〉と目配せしてみせることは珍しくない。典型として、ブルースにおけるあまたの〈列車ブルース〉の例がある。そこで列車は孤独と、そこからの避難との双方を示唆するモチーフとなる。でも、ロックンロールでの例えば〈キャデラック〉は、セックスの(男の子のモノそのものの)、衝動とスピードを伴った代替品として現れるから、別物だ。してみると、クラフトワークの〈ヨーロッパ特急〉は、意外とブルースの落とし子かもしんない。シーケンスされた〈チッチキチ〉が、ボトルネックの歯ぎしりに聴こえる。ブルースから離れてみれば、そう、Pファンクの試みは力強い。パーラメントは同胞をUFOに乗せ、脱ゲットーの飛翔をする。また、砂原良徳は空港をモチーフに、しかし〈旅〉の性格を明示しないまま、その前段の予感をこそ駆り立てる。『The Sinking Of The Titanic』で聴き手が身を置くのは沈没する巨大船、その崩壊がゆさぶるエコーのなかだ。ところで、宇多田ヒカルが“traveling”で乗るのはタクシーだ。〈ちょっとそこまで〉……ここで彼女は日常を離れず、むしろ避難、まして逃避を拒む。だからこそ!“traveling”が現代的な優れた〈ブルース〉として機能するように思える。

インタビュー