こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年04月04日 05:00

更新: 2003年03月18日 20:50

ソース: 『bounce』 230号(2002/3/25)

文/大石 始


chari chariのDJプレイは長ければ長いほど楽しめる。そんな言葉をどこかで聞いたことがある。僕もその言葉に100%賛同する。なぜなら、彼のプレイは長く浸れば浸るほどにさまざまな場所を<旅>させてくれるからだ。もちろん<旅>といっても、それはサイケデリックスのメタファーとしての<旅>ではなくて、訪れたこともないブラジルやキューバやアフリカ、またはカリブの小さな島々や、突然にアジアの山奥へ、聴くものを、いや踊るものを導いてくれるのだ。リリースされたばかりのchari chariのニュー・アルバム『in time』での<無国籍>というよりも<多国籍>なサウンド・コンストラクチャーは、DJプレイのとき、さらに飛距離を増して地球上を目がまわるほどに周回する。2月2日、青山CAYでおこなわれたパーティーもまた、chari chari機長はわれわれを未知の土地へと誘ってくれた。サンバとブレイクビーツが、ブラジルとアフリカと宇宙が連結されるスリル。そして演出されるスペース・トリップ。ターンテーブルを操る手を休めては、傍らにセッティングされたドラム・セットに向かい、サンバのリズムを刻むchari chari機長。<フロア中にグッド・ヴァイブが充満し……>なんて常套句もこの夜ばかりには当てはまりそうだ。たしかにフロアは青山から旅立って、この夜地球を3回転半した。

chari chariの手によるミックスCDを紹介。

インタビュー