こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

リミキサー、chari chariとしてのキャリアと音色の傾向

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年04月04日 05:00

更新: 2003年03月18日 20:50

ソース: 『bounce』 230号(2002/3/25)

文/ネイシャン

アジア、アフリカ、ラテンなどを彷徨とさせる音の世界旅行といえそうなchari chariの音楽世界。リミキサーとしての活躍ぶりもインターナショナルで幅広い。なかでも目を引くのが、アフリカ音楽を採集するフランスのレーベル、フリキワのコンピ『Frikywa Collection 1』でのリミックス。本物のディープなアフリカ音楽は、彼にとって格好のリミックス素材だったに違いない。フェミ・クティ『Shoki Remixed』への参加もまた頷ける。アフリカ音楽の匂いを濃厚に漂わせながら、同時代的なロック~ポップ性も併せ持つフェミの存在は、彼にとっても共感できるところなのかも? そういった意味では、ブラジルという強力な音楽的基盤を持つコスモポリタン、ベベウ・ジルベルトや同世代のサイレント・ポエツなどの作品へのリミックス参加は有機的であるし、多面的なchari chari自身とどこか響き合うものを感じる。彼にとってのリミックス・ワークは、彼自身のあらゆる記憶や経験を呼び起こさせる作業なのかもしれない。

chari chariによってリミックスされた楽曲を収録する作品を紹介。


サイレント・ポエツ『TO COME... REMIX VOLUME 01』(トイズファクトリー)

インタビュー