こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

トークセッション──ロックとは?(2)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年03月21日 06:00

更新: 2003年03月13日 17:06

ソース: 『bounce』 229号(2002/2/25)

文/bounce編集部

──じゃあ、Ticaを取材した大石さん。終えてみての感想を訊かせてください。

大石「本人たちは〈Tica=ロック〉とは思っていなかったし、逆に〈ロックってなに?〉なんて訊かれてしまって(笑)。クラッシュの“Rock The Casbah”をカヴァーしている彼らだけど、そうすることで、いろんなイメージを払拭しようとしているフシもあった。なにかロックというものを回避したいというような意図すら感じた。でも、もしかしたらロックって本質的にはそういうものかもしれないですよね」

──なんでもアリだからこそ、これまでの流れを一新するようなチャレンジができる。着地点がロック・ミュージックではないにしてもです。その課程・姿勢がロックってことなのかなー。

桑原「90年代初頭、ワールド・ミュージックに注目が集まっていたとき、〈これ、ロックじゃん〉なんて、差別的な雰囲気がなかった? 個人的にはそれ以降、〈ロック〉って言葉にあんまり良いイメージがないんですよ。そのあたりから〈ロック・ミュージック〉という形式の評価よりも、精神的な部分で問われることが多くなった気がしてる。だから、ロックって便宜上の表現でしかないと思う」

村尾「〈なんでもできてしまう〉ことが、ロックをやっていくうえで、良いのか悪いのか微妙ですよね。選択肢が多すぎる気がする。昨年は、〈次なるロック〉を提示するバンドがいたり、そんななかにも、ゆらゆら帝国がいたり……そういうのが結構〈ロック〉を象徴していた気がする。僕はギターウルフにインタヴューしたんだけど、彼らは、いま僕らがしているような〈ロックとは……〉なんてことは考えていないと思うんですよね。もっとピュアなところから始まっているような気がするんですよ」。

──実際に話を訊いてみて、その信憑性とかを疑ったりしなかったの?

村尾「かなり本音に近いと思います。強烈に自分たちのスタイルを持っていて、カッコ良さの追求しかないと思っているんです。そこに精神性なんて必要ないなとも感じました。とにかく、カッコ良さから始まり、カッコ良さで終わるっていう。その潔さが突出して、みんなを巻き込んでいるような気がします」

桑原「かつてのロックってさ、いろいろ抱えてましたよね? ゼロではなかったわけで」

村尾「でも、精神性とはちょっと違うよね。とても小さな建て前とかルールとか……、でもそれが可愛いらしくて大好き。愛さずにはいられない」

──ユーモアぎりぎりのカッコ良さ。大好きなんだけどね。

萌木「あれが60~70年代ってことになると、ストレートに伝説とかになってしまうだろうね。この時代に生まれたからこそ、このポジションがあるんだと思います」

桑原「ロックがゼロだっていうのは的を得ている表現だよね。なんか真空地帯に名前を付けているような……だけど空っぽだから名前なんて付かないし」

村尾「逆になんでも入ってしまう」

桑原「そうそう」

村尾「僕は洋楽をメインに聴いているからこそ訊きたいんだけど、90年代の日本のロック・シーンって、どういう状況だったんでしょうか? 昔は洋楽が偉いとかいうムードがあったけど、最近の聴かれ方って変わってきてるような気がするんです」

小野田「それだけ日本のシーンが広くなったってことかな。洋楽を聴かなくても、いろんな音楽を楽しめてしまう。文化の中継地点って土壌が、そんなヴァリエーションを生んでいるのかもしれないね」

──しかし、〈なんでもあり〉っていうのは、チョット違う気がするんです。きちんとギター鳴らそうよとかね。許容範囲ってあっていいと思うんだけどなぁ。

小野田「いやいや、その傍若無人さがロックなんじゃない?」


ロックとは?
「ロックンロールを手段にしたアーティストの行為のこと」──大石 始(bounce)

「単純な理由で選びました。音がデカイ! ルックスが明解!! 」という、彼が選んだ一枚は、ボアダムスの89年作『SOUL DISCHARGE/EARLY BOREDOMES』(Shimmy-Disc)

ロックとは?
「他人から〈予定調和じゃない?〉と言われても、守れるもの」──萌木 里(ライター)

「セヴンス・コードでもロックンロールはできるってことを教わりました」という、彼が選んだ一枚は、シュガー・ベイブの75年作『SONGS』(ナイアガラ/イーストウエスト)

ロックとは?
「ロックというよりは、ロールすることが大事なんですね」──村尾泰郎(bounce)

「なんの役にも立っていません。だから、〈ロック〉的な作品なのかもしれませんね」という、彼が選んだ一枚は、ガセネタの78年作『SOONER OR LATER』(PSFD)


インタビュー