こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

トークセッション──ロックとは?

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年03月21日 06:00

更新: 2003年03月13日 17:06

ソース: 『bounce』 229号(2002/2/25)

文/bounce編集部

取材・執筆にご協力いただいたライター陣とトーク・セッション出発進行!! 果たして〈日本のロック〉のファイナル・アンサーへ到着することはできるのだろうか!?

談:桑原 シロー/小野田 雄/萌木 里/村尾 泰郎(bounce編集部)/大石 始(bounce編集部)

──さて、今回の取材/執筆を終えたところで、みなさん自身の〈ロック観〉に変化はあったのでしょうか? とても気になります。

桑原「ロック……今回の取材に限っていえば、困難ながらも現実を生き抜く……そういうことがロックなんじゃないのかなーって思った。とくにGREAT 3というバンドについては、昔からそんな印象が強かったからね。それを確認できて良かったとは思っているよ」

──それは、GREAT 3の音楽がロックであるということを確認したの?

桑原「う~ん、ロック・ミュージックというよりは、ロックな人たちっていう」

村尾「本人たちはそういうことを意識していると思いましたか?」

桑原「どうなんでしょう。でも、自分たちの活路を常に追い続けている。字のごとくロック・アンド・ロールしている感じはありました」

──ギリギリで?

桑原「いやいや、転がっている感じ」

──個人的にですけど、萌木さんの〈ロック観〉が知りたいのですが。僕なんかが思っている〈ロックだぜ~〉とは違うような気がするので。

萌木「僕はハード・ロックとかがキライというか、怖くて聴くことができなかった。昔、田舎に住んでいたときは、ラジオが貴重なニュース・ソースで、音楽の情報って与えられるだけだったんです。結局、ハード・ロックとフォークぐらいしか選択肢がないのですからね。そんななかでも〈自分が聴くべき音楽は果たして……〉なんていう疑問を抱えていたわけだけど、結局行き着いたのが太田裕美なんです」

──その迷いを太田裕美が解決してくれたわけですね。

萌木「歌謡曲でもなかったし、他の音楽は居心地が悪くって」

桑原「そこで太田裕美を選んだこと自体が、ロックでしょ」

一同「(笑)」

萌木「そもそもロックとは他の国で生まれたものだから、受け止めるほうの解釈でいくらでも変化するんだと思うんです。今回、ゆずを聴いてみて、非常にピュアなものを感じました。ロックを商売と考える前の素直な衝動。そこに動かされ、純粋な表現手段として考えている彼らに興味があった」

──ゆずが〈フォーク〉だと言われてしまうのは、フォーク・ギターを持っているからですよね? でも彼らは、フォーク・ソングとはあきらかに違うし、スポーティーな感じがする。それこそメロコアやスカコアのように。

一同「うんうん」

萌木「(山下)達郎さんは心情的にはアナーキーとかザ・ブルーハーツとかが大好きなんだけど、彼から出てくる音楽は全く違う。表現手段の違いだけで判断してしまうのは、微妙なことですね」

──ゆずのギターにディストーションをかけたら、かなりザ・ブルーハーツに近くなる感じもするし……ムードの話ですけど。

桑原「ロックってある程度、学習をしていないと生まれてこない気がしてる。日本にいたらなおさら。もともと文化として育つ土壌ではないと思う。形を学習したあとに精神的な部分を追求している状況だと思うので」




ロックとは?
「それ以上でも、それ以下でもない。書き方に注意します」──桑原シロー(ライター)

「これほどのものをこれほどの形で発表できる人はいません!!」という、彼が選んだ一枚は、遠藤賢司バンドの91年作『史上最長寿のロックンローラー』(NUTMEG)


ロックとは?
「捉え方ひとつで、いろんな角度から語れるもの」──小野田雄(ライター)

「若者の作品を選んでみました。バカになれる感じがいいです」という、彼が選んだ一枚は、スクービードゥーの2001年作『Beach Party』(DECKREC/UKプロジェクト)

インタビュー