こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年03月21日 06:00

更新: 2003年03月13日 17:06

ソース: 『bounce』 229号(2002/2/25)

文/桑原 シロー

これまでのシャープなイメージから一転し、ふくよかな温かみが感じられる新作『When you were a beauty』。風通しよい3人のバランスが生んだフィジカルな作品だ!!


フォーク・アルバムのよう。とは、この新作『When you were a beauty』を聴き終えたときの印象。剥き出しの感情が端々で堪えきれず呻き声を漏らしている。以前の楽天的響きを纏ったリズム&ブルース的アプローチは控え目になり、より一層いろんなものを吸収したニュー・ソウル的感触も穏やかな拡がりを見せて。

「フォークとは特別意識しなかったけど〈アシッド・フォーク〉〈サイケデリック・ソウル〉といった言葉は常に頭のどこかにあった」と、片寄明人(ヴォーカル/ギター)は話す。たぶん彼らは、内なる〈揺れ〉の探索にサウンドの照準を合わせたのだろうと、前作『May and December』から感じるようになった。それをダンス的アプローチへの変化、と受け取ったのだが。すると「ダンス的要素は、常に重要なものだと感じてる。ただ、例えばケミカル・ブラザーズ的なものを単純に〈ダンス〉だというのであれば、僕個人は〈非ダンス〉でありたいとは思うけど」(片寄)という答えが返ってきた。

『When you were a beauty』は優れてフィジカルなアルバムだ。ある種奔放ともいえるサウンドの展開と内部で繰り返される絶えまない葛藤とが同期して、ただならぬざわめきを生み出している。比較対象が見当たらないほど、彼らが日本のロック・フィールドにおいて特異な存在であることを再認識させる一枚でもある。

今回のレコーディングを取り仕切ったジョン・マッケンタイアという人は、バンドの持つ熱エネルギーを引き出すのが本当にうまい。

「彼とは、〈まずお前らが演ってみろ〉ってところからコミュニケーションが始まった。真剣に音楽で会話するって感じで。それと、こんなに3人とも歌えると思っていなかったみたいで、彼がもっと歌わせようって言い出したから、結構出番が増えた。レコーディング中、その時々でハマるやつが歌えばいいって感じで」(高桑圭、ヴォーカル/ベース)。

前作『May and December』と同様、シカゴでのレコーディングが話題となっており、ジェフ・パーカー(トータス)が手掛けた初のホーン・アレンジメントなど聴きどころが随所に用意されている。さまざまな体験の反映が、このアルバムからこぼれ落ちてくるが、彼の地の魅力が彼らに及ぼしたものは計り知れないほどに大きい。

「彼ら(シカゴのミュージシャン)は、それぞれにエキスパートなんだけど、自分の楽器のフィールドを超えてお互いを刺激しあってる。だからとっかえひっかえでパートも変わるし。ただ、思いはひとつで、鳴っているメロディーに対して、全員で向かっていく感じがある」(白根賢一、ヴォーカル/ドラムス)。

つまりそれは3人のスタンスと同じだったってことだ。


ロックとは?
「血が騒ぐもの」──片寄明人

ストレートかつ納得の返答、「血が騒ぐもの」という理由で彼が選んだ一枚は、G.I.S.M.の2001年作『SoniCRIME TheRapy』(BEAST ARTS)

GREAT3がこれまでにリリースしたアルバムを紹介。(すべて東芝EMI)

インタビュー