こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年03月21日 06:00

更新: 2003年03月13日 17:06

ソース: 『bounce』 229号(2002/2/25)

文/小野田 雄

またジャンル間の垣根が浸食されつつあるいま、米国シカゴに赴き、トータスのジョン・マッケンタイア以下、当地のミュージシャンとの交流からGREAT3はリズム、メロディー相互の新しい関係性を模索したアルバム『When you were a beauty』を完成させた。その一方、ボアダムスやROVOといった先駆的存在のアーティストから受けたインスピレーションを独自の形で発展させたSUPERCARの『Futurama』やダンス・ミュージックの影響を肯定した、くるりの『TEAM ROCK』のように、これまでのバンド編成にこだわらない自由な作風にもロックの破壊的かつ創造的なマナーが息づいているようにも思う。

さらに佐々木敦が主宰するレーベル、WEATHERから発表された『Weather』やOZ DISCからリリースされた『SO FAR SONGS』といったコンピレーション・アルバムは〈うたもの〉という概念を再考し、ヴォーカル表現にこだわらない新しい〈うた〉のあり方を提示してみせるなど、これまでのロックを支えていた既成概念を覆した先に新しい音楽の価値観を見い出そうという動きも、それこそ音楽シーンの至るところで起こっている。


そしてもちろん、これまで執拗にこだわってきた〈ロック〉という概念についても再考がおこなわれつつあるし、日々、揺さぶりがかけられている……いや、そもそも曖昧であった〈ロック〉という概念が全方向に向かってより拡散しつつあると言うべきだろうか。恐らくはここに書かれた〈ロック的なるもの〉への考察は、全ての読者と共有することは不可能であろうし、それを補う明確な答えは求めるべくもない。しかし、その一方で、いまロックを取り巻く状況は、本来、ロックのあるべき姿であると考えることも……もしかすると、可能なのではないだろう0か?

インタビュー