こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年03月21日 06:00

更新: 2003年03月13日 17:06

ソース: 『bounce』 229号(2002/2/25)

文/小野田 雄

まだ見ぬ世界への冒険手段としてのロックを象徴するものとして、グレイトフル ・デッドの前身バンドであるワーロックスが乗ったマジック・バスの行き先が〈FURTHER(もっと遠くへ)〉と書かれていたというエピソードはよく知られた話であるが、そのスリリングな歩みは現在ももちろん進行中である。とくに音楽の記号化や消費が加速度的に進んだ90年代における音楽シーンは、80年代におけるサンプラーの登場から90年代後半にハード・ディスク・レコーディングの普及に至る制作環境の大きな変化と歩調を合わせながら、世界に類をみない形で変貌を遂げつつあり、そうしたカオティックな状況は90年代後半以降のロックを新たな展開へと導きつつある。


なかでも、コーネリアスやBuffalo Daughterといったアーティストは──かつての情報過多な音楽の在り方から社会システムに対するエクスキューズを導き出しながら──一歩引いたところから〈オリジナリティー〉が本当に意味するものとはなんなのかを考えさせる非常にポジティヴな内容のアルバム『point』『I』をそれぞれリリースしたし、リトル・クリーチャーズも長い空白期間で得た全てをシビアに検証し、取捨選択したことを窺わせるソリッドかつストイックな新作『FUTURE SHOCKING PINK』を完成させた。こうした作品はミニマルなサウンドから想像力をマキシマムに喚起させつつ、一概にライヴ・ミュージックともデスクトップ・ミュージックとも言い切れない独特の佇まいを見せている。そこには批評性が感じられるし、その切れ味の鋭さにロックの痕跡を見て取ることは可能だろう。

インタビュー