こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年03月21日 06:00

更新: 2003年03月13日 17:06

ソース: 『bounce』 229号(2002/2/25)

文/武山 英丈

『THE ROSE GOD GAVE ME』はストレートなロック作品である。それでも、本作、ひいてはSADS自体がオルタナティヴな存在である、そのわけは?


必死の形相、震える声……歌う彼の姿と接するたびに、これまではなにかしらの痛みが伴っていたものだ。なぜなら、身を削るようにして、自己のロックと対峙する彼の姿はどうしようもなく内省的で、それこそロックとの心中も辞さないように見えたから。ところがどうだろう、昨年の夏にリリースされた3作目となるアルバム『THE ROSE GOD GAVE ME』の変貌ぶりは。ヘヴィー・メタルやハード・ロックをルーツにしながらも、彼の美学を貫き通した作風は、さらに独自の進化を遂げ、ロックのダイナミズムや瑞々しさを備えることになった。こんな久々の解放感に、大きな音楽と出会えたような気がした。清春(ヴォーカル)が口を開く。

「やっぱり、〈これってSADSなの?〉って反応が多かったね。それでも僕らは変わっていきたいんだ。どうせ狭い国でチマチマやってるわけだからさ。1作目と10作目の音に全く変化がないような、ひとつのことを大事にするスタイルって、ギャグだね」。

いや、むしろそのスタイルについて訊きたいのだ。〈優しいロック〉が溢れる昨今、ここまで自分のスタイルにこだわる自信と理由を。

「スタイル? どうだろうね。僕ってミーハーだし、マイブームを大事にしてる。興味の対象が常にコロコロ変わるんだ。だからこのシーンでは〈邪道〉感が高いんだろうね。でも、それは変な器用さの裏返し(笑)。時として邪道なんだけど、気になる存在がデカイ波を起こす。だから、僕らはコロコロと変わることを続け、それが逆にロックな姿勢なんだと思っている」。

たくさんのフォーマットが存在し、それぞれが成功を収めている音楽シーン。既存のものに属することで、安心感は得られるだろう。しかし、われわれが常に刺激を必要としている以上、斬新なものでも、いつしかそれが普通のものになってしまう。彼にはそれがわかっているのだ。変化し続けることが、いかに重要であるのか。

「自分の作品が妙な存在になってくるんだ。昔の自分を青くてカワイイという人もいるんだろうけど、僕の場合は完璧にギャグなんだよね。それは5年前の写真がカッコイイか?と問われているようなもので、決してカッコイイものではない。写真を撮ってしまったがゆえに、可哀想な部分が残ってしまう。それを払拭したいから、また作るんだよね。最新アルバムだって、レコーディングしてるときには、〈日本にはない音かも?〉って思っていたんだけど、リリース日には少し違ってきたからね」。

そんな追いかけっこを繰り返しながらも、アルバム『THE ROSE GOD GAVE ME』をひとつのゴールに滑りこませた彼。10年間というメジャーでの音楽活動の道のりは、果たしてどんなものだったのだろうか。決して順調なスタートを切ったとはいえない気がする。

「SADSがいちばんに背負いこんでいるのは、みんなが持っている先入観。CDショップのスタッフやあらゆる音楽を聴きこんでいる人たちのなかには、フラットに聴いてもらってはいるんだけどさ、僕が黒夢をやっていたということだけで、聴かない人がいるってことが多いんだよ。それは、日本のシーンで多く語られる〈○○○系〉みたいな括りが障害になっているのかもしれない。世界レベルで見れば、ホントどうしようもなく小さなものなのに、気にしてしまう人が多い。つまりは、それとの戦いだよ」。

本人の意思とは関係のないところで、ひとつの括りを与えられてしまった過去。それを正面から受け止め、自分の嗅覚のみで動ける自信。その結果として、彼は自由に音楽を鳴らせる場所を手に入れた。しかもそれは聴く者の背中を押してくれるほどに〈大きな音楽〉なのだ。

「すばらしいですね。そこをわかってくれるのは、すばらしい!! だから当時、〈ヴィジュアル〉コーナーにCDが置かれてしまうのは屈辱的なことだった。それでジレンマを抱えていた時期もあったけど、考えててもしょうがないって思うになった。時間と作品と、コンスタントにライヴを続けていくことで解決できるって。一度焼き付けられたイメージは、時間をかけないとリセットできないからね」。

ロックとは?
「存在自体がポップであること。街歩いてて気づかれないようなヤツにはなりたくない」──清春

「TETSUさんが作った、地上最強のロックンロール・アルバムだね」という彼が選んだ一枚は、ZIGZOの2000年作『Add9 Suicide』(トライアド)

SADSのアルバムを紹介。

インタビュー