こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年03月21日 06:00

更新: 2003年03月13日 17:06

ソース: 『bounce』 229号(2002/2/25)

文/萌木 里

これまでのペースを少々減速。改めて2人組であることを確認し合った、ゆず。通算4作目となるアルバム『ユズモア』では、セッション・レコーディングに挑戦!!


「『トビラ』ってアルバムとツアーをやり切ったことで、自分たちのなかでひとつ完了できた部分があったんですよ。それはパブリックなイメージの呪縛だったり、目の前に置かれたハードルを夢中で飛び越えていくなかで生じた歪みだったり。そういうのをそこで吹っ切った。完了できたのは大きかったです」(北川悠仁)

そして2001年の初夏、ゆずは2人だけで東京ドームに立った。それから全国各地でのライヴ・イヴェント(≒他流試合)にやはり2人だけで参加して改めて気づかされたというのが、思いっきりシンプルにポジティヴに〈ゆずはゆずでしかない〉ということ。いつしか自分たちの短所を埋めていこうとする後手の作業に傾きがちだったという2人は、この体験を通して本来の長所=持ち味を再認識。それを活かすためのレコーディングをしたいという熱烈な思いに駆られる。で、昨秋より出たとこ勝負のセッション・レコーディングをスタート。そこから生み出されたのが1年半ぶりの4作目(4th≒FORCE)となるアルバム『ユズモア』だ。

「要は音楽的なところじゃなくて、感覚的なところを今回は大事にしてて。僕ら的な勝手なルールのなかで、逆に可能性から考えてアリならアリと。そういう感じで、 2人の〈間〉みたいなものも含めて重要視しました」(岩沢厚治)

「全体の曲の雰囲気がどうかっていうことですね。全体を通して曲の持っているエネルギーが最大限活きてるかってこと。(プロデューサーである寺岡呼人を含めて) 3人ともこれでしょっ!ていうのが来たときに、それを録っていくという」(北川)

 その場で起きた偶然とかも拾って曲のなかに放り込んでみたり、そこから活性させて曲をさらに感動的に化けさせたり。つまりは空気感、風は吹いたのかってことに尽きると。

「同じメロディーを歌ってても克明に表れるというか。ちょっとしたことで変わるんですよね。音楽的にどうとかよりも空気感は本当に大事にしたい。それを今回のレコーディングで痛感しました」(北川)

そのために起用したエンジニアが、はっぴいえんどからジュリー、矢沢永吉のリアルな感触を持つ作品群を録り続けてきた職人、吉野金次。彼からのフィードバックも相当大きかった模様で、これも大正解。

「俗にいうカテゴリーのこだわりが吉野さん自身ほとんどないんですよね。だから音が太いとか細いとかじゃなくて、こんな感じいいよね、みたいな微妙なニュアンスでのやりとり。僕らもニュアンスで話すし、それを嗅ぎ取って音に表していく力がすごいというか。まあセッション・レコーディングが楽しかったひとつの大きな理由に、吉野さんっていうのがすごいあって。欲しかった音で鳴らしてくれたし、人間的にも懐が深くて柔軟な方なんですよね」(北川)

「エンジニアは一発録りアナログ・レコーディングの達人みたいな人がいいよねって呼人さんと話していて、じゃあ吉野さんだろうって。それで実際に音を出してもらうと、すごくいいんですよね。でも、どうして素晴らしくなるのかがわかんない(笑)」(北川)

「僕らがずっと使っている家みたいなスタジオなんですけど、いつもとぜんぜん違うんですよ、空気がもう本当に」(岩沢)

 そんな得がたいプロセスのなかで、ひとつ青春の門(自立編)をくぐり抜けた感のある二人。ならば命題として、いま思うところの〈ロック〉というとどういうものになるのだろうか。

「ジャンルじゃないしスタイルでもない、生きる姿勢とかでしかないんじゃないかな。ほら、町のお父さんのなかにロック感じることもあるし。家族を支えて不景気のなかで闘っている姿はやっぱロックだろうしね」(北川)

「誰もがどこかでロックにならなければいけない場面に出くわすと思うんですよ。それをある人は努力と呼んだり、忍耐と呼んだりしているんじゃないかな」(岩沢)

ロックとは?
「ジャンルじゃないしスタイルでもない。生きる姿勢」
──北川悠仁

「ここまでお茶の間に届いた日本のロックはないと思う。あっ、初期のRCもあったね 」という、彼が選んだ一枚は、サザンオールスターズのベスト・アルバム『海のYeah !!』(TAISHITA)

ロックとは?
「ある人は努力と呼んだり、忍耐とよんだりしているんじゃないかな」
──岩沢厚治

「ギターを始めたころ、彼らの楽曲を必死に練習していた思い出があります」という、彼が選んだ一枚は、ザ・ブルーハーツの87年作『ザ・ブルーハーツ』(メルダック)

ゆずの作品を紹介。(全てSENHA&Co.)

インタビュー