こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年03月21日 06:00

更新: 2003年03月13日 17:06

ソース: 『bounce』 229号(2002/2/25)

文/村尾 泰郎

世界を駆け抜ける狼が、ニュー・アルバム『UFO ロマンティック』をひっさげて帰ってきた。それが実におもしろい日本語を使っていて……。えっ? 音がデカすぎて、聞こえてない!?



<ギターウルフ、プリーズ!>。ロックンロール・ファンのそんな声に応えて、狼たちが走った。赤いバイクで、UFOに乗って、祇園を、ニューヨークを駆け抜ける。ギターウルフの通算7作目となるニュー・アルバム『UFO ロマンティクス』はロック界の走り屋たちが放つ新たな挑戦状だ。 “火の玉レッド”でのフルスロットルのバイク(もちろんKAWASAKI)もいいが、純情を掻き立てる“放課後サンダー”の清々しいまでのチャリンコ・ダッシュも最高。背中に<あの娘のチャリンコ>を聞いて、坂道を駆け抜けていくその姿は、まさに<サンダー>な走りっぷりだ。

「初めてそのタイトルを考えたときにはちょっと恥ずかしいかな? って思って、結構決めるのには勇気がいったね(笑)。でも、ロックでは使えないような単語をあえて使って、<カッコよくしてやったゼ!>って思いたいっていう欲望はいつもある。だから今回でいうなら、<放課後><祇園>なんて単語をロックにしてやろうって」(セイジ、ヴォーカル/ギター)。

そして生まれた“ギオンミッドナイト”。高瀬川に揺らめくネオンに見送られるようにして、雅な夜に溶けこんでいく狼たちの姿が眩しい。

「盆と正月だけ田舎でやってるバンドがあって。まだ曲になってないようなものをやみくもに試してみたり、あとセックス・ピストルズやジョニー・サンダースなんかをカヴァーして楽しんでるんだけど、そこでベースをやってる女の子がベース・ラインを作ってくれた。その子が祇園の近くに住んでいて、それで(笑)」(セイジ)。

土地にちなんだタイトルでいえば、印象的なのが“ナガサキJET”。セイジの故郷、長崎から<放射能時代の最後のガキ>が<スーパースターが集まる東京シティ>に出てくるまでをシャウトしたこのナンバーはまさにブルース。ギターウルフの新境地ともいえるナンバーだ。

「昔ちょっとブルース病にかかってたことがあって。あのときはギターも一生懸命練習してたね。でも、こんなことばっかりやってたらジジイになると思って、頭を金髪にしてヤメた(笑)。で、ギターもそれ以降、だんだんヘタになっていく(笑)。でも去年くらいから、BOOGIE BOY IKUTO & THE HOUSEROCKERSっていう素晴らしいブルース・バンドと何回かライヴをやる機会があって、病がぶり返した。そしたら途端に、昔の最高のテクが甦ってね。あれは自分が持つ最高のギター・テク」(セイジ)。

ブルース病の原因については、「さあ、ただなんかシブイって思ったんじゃないですか」とそっけなく語るセイジ。きっとロックンロール病に関しても深い理由があるわけじゃないのだろう。全ては<なんかスゲエものへの憧れ>からスタートする。その単刀直入さにこそロックンロールの輝きがあるのだ。初めて彼らがそれに触れた十代、そのロック童貞時代の話を訊くと……。

「近所の映画館で永チャンのを観たときかな。同時上映が<象物語>(笑)。あと<グリース>。ジョン・トラヴォルタの歩き方がカッコよくって。背中の揺らし方、マネしたもん。襟の立て具合とかも」(セイジ)。

「オレはセックス・ピストルズの映画<グレート・ロックンロール・スウィンドル>を観て、シド・ヴィシャスの歩き方をマネしてた」(トオル、ベース)。

「ザ・スターリンのライヴで椅子投げ合ってたね。こうやんなきゃいけないもんだと思ってさ。あとから、地元の不良たちがケンカしてただけって知ったんだけど(笑)」(ビリー、ドラムス)。


ロックとは?
「べつに特別なもんじゃないですね。普通にあるもの、自分を覆っている殻のような」
──セイジ

「いやあ、昔はね、彼らみたいなカッコいいバンドがたくさんいたんだけどね。いまは残念ながら見当たらないなー。だからオレらがやるしかないんだよね」という、彼が選んだ一枚は、ティーンジェネレイトの94年作『GET ACTION』(Crypt)


ロックとは?
「とにかくカッコいいもの。絶対的にカッコいいものへは、いつも形から入るタイプなんで……」
──トオル

「見事にブッ飛ばされました。ラフィンの場合、リリースのたびにそれがいつでも最高傑作!! そんなところが大好きです。本当にスゴイっす」という、彼が選んだ一枚は、ラフィンノーズの最新アルバム『ブットバセ』(Letsrock)

インタビュー