こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年03月21日 06:00

更新: 2003年03月13日 17:06

ソース: 『bounce』 229号(2002/2/25)

文/小野田 雄

時にロックは<伝統や様式といった観点から語られる音楽となった>と言われる。しかし、例えばエルヴィス・プレスリーの音楽を紐解いたとき、

彼の歩みがアメリカ南部の黒人音楽に魅せられ、その模倣からスタートしたように、そもそもの始まりからしてロックには伝統や様式といったルーツがあったし、たとえそれを否定したとしても、ルーツとの関係性自体から逃れることはできない。むしろ、過去、現在、未来をつなぐ役割を積極的に果たすものとしてロックは捉えられるべきだし、その際には一貫して流れる精神性やムード、パワーやエネルギーが、その時代時代にふさわしい形で翻訳され、受け継がれてゆく。

例えば、LOVE PSYCHEDELICOがことさらに自分たちのオリジナリティーを主張しないのも、このような観点で自分たちの音楽に受け継がれているもの、一貫して流れているものの存在を認めているからであるし、ソウル、ジャズ、レゲエをはじめとするさまざまな音楽を折衷した作風のEGO-WRAPPIN'も、そのムードや響きが一貫している点で、その歴史の始まりからして折衷が繰り返されているロックの本質を受け継ぐ者と考えることは決して飛躍した解釈ではないはずである。

インタビュー