こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

REST OF WORLD ではなく、 ますます身近なものになってきた世界中の音楽

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2001年12月27日 21:00

更新: 2003年03月07日 19:03

ソース: 『bounce』 228号(2001/12/25)

文/篠原 裕治

ワールド・ミュージックって、ひと昔前のように特別なものじゃなくなっているな、というのが、この10枚のリストを見ての感想。ほとんどが、熱心なワールド・ミュージック・ファンというよりも、いわゆる一般の音楽ファンに支持された作品だ。フェミ・クティはロックやソウル、ヒップホップのファンからも高く評価されているし、タラフ・ドゥ・ハイドゥークスなんて、信じられないくらい幅広い層にアピールした。スティングのファンがシェブ・マミを聴いてライに興味を持ち、 GLAYのファンがジャウリムを聴いて韓国の音楽シーンに思いを馳せた。 2002年も、よりジャンルの分け隔てなく聴かれる音楽が増えるだろう。

FEMI KUTI
『Fight To Win』
(Barclay)

亡き父フェラ・クティのアフロビートを継承し発展させるフェミ・クティ。アフリカ音楽ファン以外にもジワジワと拡がっていたその人気は、本作で不動のものに。次回作は、もっと凄いものになりそうな予感が。

VARIOUS ARTISTS
『bonjour hawaii』
(bonjour)

KAMA AINAこと青柳拓次プロデュースによる、ヴァーチャルなハワイ旅行。日本を代表するハワイアン・ギタリスト、山内雄喜らの最高に美しい演奏に、現地フィールド録音も交え、古き良き時代のハワイを鮮やかに甦らせた。

LUNASA
『The Merry Sisters Of Fate』
(Green Linnet)

伝統をしっかり受け継ぎながらも、紛れもなく現代のフィーリングをもったサウンドを聴かせるアイルランドのトップ・グループ。鉄壁のアンサンブルから生み出される強烈なグルーヴは、他の追随を許さない。 3作目にして最高傑作。

blue asia
『HOTEL IBAH』
(キング)

久保田麻琴がプロデュース、そしてヤン富田らも参加の、インドネシアはバリを題材にした無国籍音楽。久保田とインドネシアという組み合わせは、永年のワールド・ミュージック・ファンならニヤリとするはず。文句ナシの、まさに楽園の音楽。

記事ナビ

インタビュー