こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAZZ (その2)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2001年12月27日 21:00

更新: 2003年03月07日 19:03

ソース: 『bounce』 228号(2001/12/25)

文/田辺 有朋

akiko
『GIRL TALK』
(Verve)

御大アンリ・ルノーのプロデュースによるデビュー・アルバムで、颯爽と登場したJ-Jazzシーンの新しい歌姫、akiko。セクシーなヴォーカル(とルックス!)で若いジャズ・ファンのみならず、世のジャズオヤジどもを完全KO。2002年はさらなるブレイクを予感。

DIANA KRALL
『The Look Of Love』
(Verve)

グラミーにも輝き、いまやシーンを代表するトップ・アーティストへと昇り詰めたダイアナ・クラール。ゴージャスなストリングスをバックに、甘く切ないヴォーカルが心のヒダに沁み込みます。身も心も癒してくれる極上のラヴ・バラード集。

KEITH JARRETT, GARY PEACOCK, JACK DEJOHNETTE
『Inside Out』
(ECM)

病気療養からの完全復活を果たし、さらなる境地への進化を見せつけたキース・ジャレット。いわゆるスタンダーズ・トリオによる演奏ながら、ほぼ全曲フリー・インプロヴィゼーション。リリカルかつハードボイルドな音世界に酔う。

小林 桂
『Misty K』
(東芝EMI)

22歳にしてこの歌声、この音楽性。〈J-Jazz〉シーン次代のスターと期待されるシンガー、小林桂。やはり彼にはノスタルジックなサウンド、スタンダード・ナンバーがよく似合う。このままその甘いルックスとヴォーカルで年上キラー路線を突き進んで欲しいものです。

BRAD MEHLDAU
『Progression:Art Of Trio, Volume 5』
(Warner Bros.)

柔軟なセンスと研ぎ澄まされたプレイで、メインストリームの一歩先を突っ走るブラッド・メルドー。 2枚組というヴォリュームながら、閃きに満ちた即興に終始惹き付けられる圧巻のライヴ・アルバムである。いま、彼を聴かずに何を聴く?

BILL FRISELL
『Bill Frisell With Dave Holland And Elvin Jones』
(Nonesuch)

2001年は2作品をリリースした鬼才ギタリスト、ビル・フリゼール。異色かつ最強のメンツによるこの作品は、牧歌的ななかにもどこか毒を含んだ、彼ならではサウンド。カートゥニスト、ジム・ウードリングとのコラボ本も要チェック。

関連リンク

記事ナビ

インタビュー