こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BEST AMERICAN NEW STANDARD ARTIST

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2001年12月27日 21:00

更新: 2003年03月07日 19:03

ソース: 『bounce』 228号(2001/12/25)

文/bounce編集部

〈パンク/ハードコア〉の精神を個性的にアピールしたバンドが活躍

LOW
『Things We Lost In The Fire』
(Kranky)

──2001年の代表作品ってことで、ロウを選んでいるけど。

各アーティストがちゃんと歌を聞かせることに終始した1年だったね。それぞれが多感な時期にパンク/ハードコアを通過して、そのスピリットを引き継ぎつつも、自分にフィットする独自の方法でそれを表現してみせた。あえてロウを選んだのは、彼らがいちばん高いレベルでまとめていたから。

──トータスのようなインストとなると、どうも〈=パンク〉には繋がらなくて……。正直、過去の作品には難解なものもあったし……。

ふたつのアプローチがあると思うんだ。ひとつ目は、メロディーに転化させたバンド、セイヴス・ザ・デイやデス・キャブ・フォー・キューティーなんかがそのタイプ。ふたつ目は、サウンドに転化させたバンド、トータスやオウルズがこっちのタイプになるね。

──〈エモ〉やら〈サッド〉やら〈スロウ〉やら、ウンザリなほどにカテゴライズされているけど、結局は〈パンク/ハードコア〉に収束していくってことだね。

しかも、そんなシーンへ多大な影響を与えているバンド、フガジの新作がキッチリと評価されて1年を締めくくった。きれいな循環がおこなわれているシーンなのかもしれない。

──ほかに目立った動きはあった?

スーパーチャンクかな? 彼らはグランジ・ブームのころ、同時に持ち上げられたバンド。でも実際には青田刈りがおこなわれ、沈下していったバンドも多かった。しかし、彼らは順調に成長して、さらなるピークを迎えている。頼もしくもあり、嬉しくもあり。それを受け入れたアメリカのシーンもすばらしい。

──〈american new standard〉と謳うからには、今後に続く流れなんだよね? 一過性のものじゃなくて。

力強い流れではある。どのバンドの主張もしっかりしているし、メディアも過剰に持ち上げたりしてないから、両者の安定した信頼関係が築き上げられている。

──で、具体的な2002年の展望ってことになるんだけど……。

歌を聞かせることが大前提で、テクノロジーを効果的に使用できるバンドがさらに増えると思う。全世界的な流れなんで、どこからスゴイのが出てくるのかはわからないけど。

──〈エモ〉って聞いて思い出したんだけど、ヘヴィー・メタルっぽいよね? メロディー・ラインとか。

それぞれ影響はされてるんじゃないかなー。しかもヘヴィー・メタルのサウンドをモロに踏襲しているハードコア・バンドとかも今年は目立った。いまだ水面下だけど、2002年の大穴ってことで。

──ギョエーッ!!

関連リンク

記事ナビ

インタビュー