こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

CHRIS WARE - 独自の構成と美しい色彩が魅力のラグタイムを愛するカートゥニスト

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2001年12月20日 10:00

更新: 2003年03月07日 18:56

ソース: 『bounce』 227号(2001/11/25)

文/大漉 高之

シカゴ・サークルのコミック作家といえば、現在は西海岸に移住しているダニエル・クロウズを含めると、アーチャー・プレヴィットとここで紹介するクリス・ウェアが、親密度のうえでも三羽ガラスと言えるだろう(とくにクリスとアーチャーは親交が深い)。実際、この3人が現在のアメリカン・コミック・シーンを先頭で牽引していることは間違いない。

クリスは現在30代、アセンズの学校を出てからシカゴに移住して、90年代前半本格的に作家デビューを果たした。〈ジミー・コリガン〉〈ビッグ・テックス〉〈ロケット・サム〉などお馴染みのキャラクターを駆使した、オリジナリティー溢れる作風で知られ、彼のパーソナリティーから来る内省的なストーリーを、独自の構成美と淡い色彩で描いた作風に、コミック・ファンはもちろん、ミュージシャンにもファンは多い。

また1900年代初期のラグタイム・ミュージックのコレクター兼研究者としても知られ、ラグタイムのコンピレーション・アルバムや、研究本を発表したりもしている。

インタビュー