こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ARCHER PREWITT - シカゴ・シーンのキーパーソンにして、コミック界を代表するメガネくん

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2001年12月20日 10:00

更新: 2003年03月07日 18:56

ソース: 『bounce』 227号(2001/11/25)

文/福田 教雄

バンドを組むなら、できればメンバーにひとりは黒縁メガネくんが欲しいもの。そして、その役割をもっとも象徴している(わけでもないが……)のが、元カクテルズ、現シー・アンド・ケイクのアーチャー・プレヴィットだ。

カンザス・シティーのアート・スクール在籍時に結成したガレージでポップでジャジーでラウンジーなバンド、カクテルズとともにシカゴ入りを果たした90年代初頭。そのころに彼は、得意の絵の才を活かして「SoF'BoY」というコミックを描き、自費出版する。

どことなくキャスパーを思わせるのっぺりとした肢体で、笑みを絶やさず、のんきに社会の不条理やイジメをくぐり抜けていく(というか、真っ向からヒドいことをされる)ソフ・ボーイ。この後味が良いような悪いような不思議なストーリーがまた、アーチャーの静謐な音楽性を考えるとおもしろいけど、さて。また、ほかにも彼は「Funny Bunny」という元気(?)な兎が活躍するコミックも手掛けている。

インタビュー