こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

新・自作自演派シンガーたちが奏でるレディー・ソウル

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2001年12月06日 04:00

更新: 2003年03月07日 18:41

ソース: 『bounce』 227号(2001/11/25)

文/出嶌 孝次

SUNSHINE ANDERSON
『LIL MO Based On A True Story』
Elektra(2001)

自作派=オーガニック系となりがちな昨今、リル・モーは自作自演のもうひとつの在り方を示す代表格。さまざまなアーティストの膨大なヒットに、ソングライティングやヴォーカル・アレンジメントで関わってきた小さな天才だ。美麗なバラードからGな大ネタ使いまで、歌の演じ分けもじつに上手く、堂に入っている。

KANDI
『My Name Is Kandi』
Columbia(2000)

説明不要のメロディー・メイカーにして、バウンシーな変則ビートにヴォーカルをどう乗せるか、というお手本になったヴォーカル・アレンジャーでもある。彼女の閃きなくしてTLCやデスチャが時代の先頭に立つことはできなかった。この初ソロ・アルバムも先鋭性とポップさが同居した傑作になっている。

LINA
『Stranger On Earth』
Atlantic/イーストウエスト(2001)

UKを中心に人気が出て、いわゆる逆〈アトランティック・クロッシング〉した本作に、内容がビミョーに変わった日本盤が登場。ジャズやソウルのネタを多用したサウンドはハイセンスだが、そのプロデュースやソングライティングも彼女自身によるものだから恐れ入る。シンガーとしての独自性にも注目したい新鋭。

TONI ESTES
『Two Eleven』
Priority(2001)

シンガーとしてより先にホイットニー・ヒューストンらに曲を書き下ろすなど、ソングライターとして活動してきた人。本作にはテディー・ライリーら豪華プロデューサーを迎えてはいるものの、自作による品のいいメロディーがあくまでも真ん中で響く作りは、イイ意味で素敵な小品といった味わい。

インタビュー