こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

セール&キャンペーン

Tower Records UK Rockキャンペーン 2021

カテゴリ : キャンペーン

掲載: 2021年05月28日 15:24

Tower Records UK Rockキャンペーン 2021

チャートを賑わせる次世代ギター・ロック・バンドが続々登場する現在のUK〜サウス・ロンドンをフィーチャーしたキャンペーンを開催!

期間中、対象店舗にてキャンペーン商品をご購入すると先着で特典ステッカーシートをプレゼント!

【キャンペーン期間】
2021年5月28日(金) ~6月27日(日)予定 ※特典無くなり次第終了

【キャンペーン対象店舗】
オンライン・渋谷・仙台・京都・広島・池袋・名古屋パルコ・福岡・神戸・吉祥寺・名古屋近鉄パッセ・梅田大マルビル・札幌ピヴォ・新宿・難波・梅田Nu茶屋町・秋葉原・町田・横浜ビブレ

【キャンペーン特典】
ステッカーシート(サイズ:A5)

Tower Records UK Rockキャンペーン 2021

【対象商品】

black midi / Cavalcade

ウィンドミルの怪物にして次世代UKシーンのカリスマ、全てを飲み込み宇宙へ飛び立つ規格外の衝撃2nd!

規格外…ロック、ジャズ、ヒップホップにエレクトロニックを飲み込んだエクスペリメンタルの究極体みたいなデビュー作から2年、震源地ウィンドミルの怪物にしてシーンのカリスマ、遂に2nd。予測不能なんていうけど、彼らに関して言えば、今何が起きているのかすらわからない。気づけば『宇宙にぶっ飛んでいる』とでもいえばよいのか…。そのうえでUKの伝統も受け継ぎ、プログレ、ポストパンク大国であることを証明する衝撃。

渋谷店:武田



black midi / Schlagenheim

エクスペリメンタルの究極体誕生。10年代最後の年に20年代の扉を叩いた突然変異の怪作。

2021年に入りその勢いが加速する、現行シーンの震源地サウスロンドン、そして中心の場ウインドミルにおいて若きボス的存在。2019年10年代最後の年に突然変異的に誕生した衝撃のデビュー作。プログレ、ポストパンク、ポストロック…前衛的ロックの伝統を見事に継承し、そこに彼らのルーツであるジャズ、ヒップホップをも消化した究極体的エクスペリメンタルミュージックは、その後のシーンの流れをも大きく揺るがす衝撃。

仙台店:武田


Black Country, New Road / For the first time

英国の帝王キング・クリムゾンの偉大なる遺伝子を受け継ぎ、ポスト・ロック、マス・ロックも取り込んだ狂気でマッドなジャズロック

69年、突如として現れたキング・クリムゾンの存在により世界中が未知の音楽との遭遇に衝撃を受けた。それをリアルタイムで体験する術は無くても同じように私達はそれを体験できる時代がまた訪れている。その中心に存在しているのがブラック・カントリー・ニュー・ロードである。プログレ,ジャズ,ポスト・パンク,etc.ジャンルに捕らわれず自由で革新的なサウンドを追及するロンドンの男女7人組が新たな時代を作り上げる狼煙となるデビューアルバム。

町田店:古賀


Dry Cleaning / New Long Leg

ポストパンクとオルタナのハイブリッド!?<4AD>のダークな意匠を継ぐ、ミニマルでスリリングなアート・パンク!

サウスロンドン・シーンで異分子的な存在感を放つ4人組が、名門<4AD>からリリースしたデビュー・アルバム。重くうねるベースラインと情緒をえぐる鋭いギターを背にしたスポークンワード・スタイルのヴォーカルが痺れるほどクールで、淡々と、時に鮮烈に綴られていく彼女のモノローグは、このバンドの特異性を際立たせている。冒頭20秒で「好き」を確信したのは久々。改めて音楽の持つ無限の可能性に打ち震えてしまいました!

新宿店:小嶋


Fat White Family / Serfs Up!

カオスに満ちた現行UKロックシーンの中で異彩を放つ、見つけられるべくして見つけられた妖しく輝く原石!

裸のメンバー、元ドラッグ中毒に元ホームレス…と、エキセントリックなフックが話題になりがちなファット・ホワイト・ファミリーの出身は、今世界で一番アツい音で溢れる街・南ロンドン。まるでニュー・オーダー×アニマル・コレクティヴ?!というサイケでパンキッシュな音を鳴らす彼らですが、USロックの王道・スプリングスティーンなんかを愛聴しているそう。どおりでキャッチーなわけだ!インディリスナーはズブズブ必至!

Nu茶屋町店:濱本


Goat Girl / On All Fours

ロックと世界の救世主になった彼女たちの果てしない冒険続く、どこまで救い、どこまで行きつくのか期待しかない2rdアルバム!!

デビュー作のセルフタイトルから、ノスタルジーを感じさせつつも、よりグルーヴィー、よりエレガント、よりユーモアを追求しエレクトリックとロックの共鳴を新たに提示した実験作。シンセとギターの音色と共に、緩急を付けながらじわじわとドラマチックに展開する旅路の途中、僕らは気づく、彼女たちの止まることない進化と無限の可能性はどこに行き着くのかと。

仙台店:早瀬


Goat Girl / Goat Girl

サウスロンドンから全世界へ殴り込みを入れる、ポスト・パンク界の救世主。彼女たちが救うのはロックか世界か、命運をかけるデビューアルバム。

2018年リリースし、サウスロンドンシーンの火付け役と言っても過言ではないデビューアルバム。冷徹でダークなサウンドとそれを補うユーモアで、幻想やカオス漂う時代へ現実を突きつける痛快作でもある。彼女たちのオルタナティブなポテンシャルに面食らうこと間違いなし、インディ・ロックとポスト・パンクを合わせつつも、しっかりポップを軸にして展開するロックバンド。彼女たちこそロックの救世主なのかも知れない。

仙台店:早瀬


Sorry / 925

アクモンやフランツを擁するロンドンの名門レーベル<Domono>からノース・ロンドンの新鋭ソーリーによるデビュー作。

アーシャ・ローレンツとルイス・オブライエンを中心に結成。名門<Domono>の新人という期待は想像以上!「Right Round the Clock」のドスの効いたブラスやシンセから「Perfect」のような90'sグランジの系譜を汲んだ楽曲を気怠さを含む二人のボーカルワークで不穏さ満載。しかしキャッチー差も忘れないのが、また不可思議で読み切れず沼にハマるとはこのことかと体感できる一枚!

名古屋パルコ店:玉城


Squid / Bright Green Field

この1枚が後の音楽シーンへ与える影響は数え切れないであろうことを確信!目からウロコな衝撃を覚えるデビュ―・アルバムが遂に完成!

ブラントン出身の5人組=スクイッド。20年代のUKロックを語るうえで外せない、ダン・キャリーが主宰するレ―ベル<Speedy Wunderground>から発表されたシングルが話題を呼び、名門<Warp>から届いたデビュー作。インディ/オルタナといった言葉では括れない、多彩なジャンルを横断するバンドの魅力が詰まった、緊張と緩和を持ったサウンドは凄まじい完成度。聴くたび、その格好良さに身震いします。

本社:廣川