こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

NO MUSIC, NO LIFE.

THE BEATNIKS

THE BEATNIKS 2018年4月-6月

音楽を創る時、今がこんな時代だからこういう音を創るべきとか、発信したいとかは意識したことはないのかもしれません。
ただ、結果的にそうなっているのかもしれない。
僕らはいつもその時々を懸命に、神経質なくらい厳密に、でも精一杯やわらかに生きてきたつもり。
そして、それが音になっているのだと思います。時には馬鹿みたいに明るく…。

高橋幸宏

今を生きるには、今を知る事が必要不可欠と思います。
それは、音楽や映画、演劇、その他のたくさんの創作物を
作る要因となります。経験は意味が無く、歴史から学び、
次々とドアを開け、出口を入り口として今の音楽を作る、
知恵が要る、それを得るために息をしている、聴いていただく、
この循環こそ永遠に続いて欲しい事なのです。真の平等が在ると思います。

鈴木慶一

THE BEATNIKS