こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

NO MUSIC, NO LIFE.

OKAMOTO'S

37457

OKAMOTO'S 2010年11月-12月

誰と、どんな時も、カンタンにコミュニケーションがとれる代わりに
そのつながりを深く持つことがムズかしい時代。
音楽は、言葉で全部を説明しなくても、自分の一番の味方だし誰とでも深く共有できるもの。
(オカモトショウ)

あらゆる選択肢が増えている時代なのかもしれない。
だからこそ、より自分の意思を持ってやりたいことを選ばないといけない。
僕の選んだ音楽は、娯楽でもあるし、人と人とが繋がっていくための手段のひとつでもある。
音楽をどう表現するかは自分次第。だから面白い。
(オカモトコウキ)

正解が不正解とされていたり、またその逆もあったり。
情報量が多すぎて、もう何がなんだか…ごちゃごちゃな世の中です。
僕が絶対の確信を持って「素晴らしい文化だ!!」と言える「音楽」は
友達100人作るための魔法の道具。あと仲間もね。
(ハマ・オカモト)

「今はどんな時代ですか?」という質問に対して正解を答えられた人はなかなかいないだろう。
時代という言葉はある種、過去を指している。
“今の時代”が過去になった時、音楽がそれを教えてくれるはず。
だから、音楽は時代の代弁者みたいなもんですかね。
(オカモトレイジ)

OKAMOTO'S

メイキング

メンバー全員が岡本太郎氏好きで、ラモーンズのように全員苗字はオカモト!
そんな彼らのバンド名は「OKAMOTO'S」!
若さみなぎる撮影の様子をどうぞ!

 

続きを読む

動画

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.