こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【SACDハイブリッド】

シベリウス: 交響曲全集(1-7番)、管弦楽曲集<タワーレコード限定>

ジョン・バルビローリハレ管弦楽団

  • ポイント10倍
  • 1回の配送の合計金額が、1,500円(税込)以上で送料無料!
  • クラシック国内盤ポイント10倍
    発売日前日までオンライン限定ポイント10倍 [※オンラインからの店舗予約・取置は対象外]

取扱中

発売日以降にお届けいたします

※お支払い方法が各種前払いの場合、お支払い確認後の発送となります(よくあるご質問 (Q&A))

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

  • 価格(税込)
    ¥11,880
  • ポイント数
    110 ポイント →今なら1100 ポイント!

予約する

店舗で予約

商品の説明

※ 限定1,000セット。箱付デジパック仕様
※ SACDハイブリッド盤、限定盤
※ シリアル・ナンバー付(シリアル・ナンバーは、本体箱の裏側にシールで貼付しておりますため外から見えず、お選びいただくことはできません。ランダムでのお渡しとなります。ご了承ください)
※ 世界初SACD化(16)
※ 2018年最新マスタリング音源使用(SACD層、CD層を個別にマスタリング)
※ オリジナル・ジャケット・デザイン使用(英初期盤。ブックレット内と解説書表紙に他のジャケット・デザインも使用)
※ 解説:藤野竣介氏、バルビローリのシベリウス録音ディスコグラフィ付、解説書合計28ページ

商品の情報

発売日

2018/09/07

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

5

製造国

国内

レーベル

TOWER RECORDS DEFINITION SERIES

規格品番

TDSA-80

商品の紹介

  • すべてのシベリウス録音の中でも圧倒的な存在感を誇る、最晩年にかけてのバルビローリ&ハレ管の歴史的名盤を2018年最新復刻。シリアル・ナンバー付、1,000セット限定復刻。優秀録音盤

    マーラーと並んでバルビローリのレパートリーの中核を成していた、晩年の旧EMIレーベルへのハレ管とのシベリウス録音を5枚に集成。一部の曲は世界初SACD化。最晩年にかけてのバルビローリ&ハレ管を代表する音源であり、すべてのシベリウス録音の中でも圧倒的な存在感を誇る名盤が2018年最新復刻盤として蘇ります。BOXのジャケット写真と収納されている各盤は英初出のオリジナル・ジャケット・デザインを採用。シリアル・ナンバー付、1,000セット限定復刻としまして、特別価格でリリースいたします。今回の復刻のために、本国のオリジナル・マスターから96kHz/24bitでデジタル化したマスターを用い、SACD層、CD層別々にマスタリングを新規で行いました。永久保存盤です。バルビローリのシベリウス録音はモノラル時代から多くあり、交響曲第2番に関しては現況でライヴを入れて5つの音源が存在するなど、得意としていたことがわかります。英国や北欧圏では早くからシベリウスの音楽が理解され、DECCAのアンソニー・.コリンズ盤や、エールリンク盤の交響曲全集がモノラル時代は定盤でした。バルビローリは1966年の第2番からこのステレオでの全集の録音を開始し、亡くなる約2月前の第6番まで、約4年強かけて全集を完成させ(交響曲全集としてはこの録音が唯一)、一躍シベリウス録音のスタンダードとして広く評価されることになりました。諸井誠氏が「バルビローリ盤をシベリウス演奏の基本とみなす」旨書いたのは良く知られていますが、後の本国の指揮者による多くの録音が存在している2018年現在においても、シベリウス演奏のひとつの究極の姿として支持され続けています。まさに高音質で復刻するに相応しい音源です。(1/2)

    タワーレコード (2018/08/08)

  • ステレオ録音が一般的になった60年代の旧EMI音源には名録音が多く存在し、その後70年代にかけてアナログ録音は徐々に完成されて行きました。プロデュサーやエンジニア、場所によっても傾向は異なりますが、このシベリウス録音では制作者は複数が携わり、収録場所も2箇所で行われているため、各曲の傾向は少しずつ異なります。最初の第2番を含む交響曲はキングズウェイ・ホールで収録されており、奥行き含む空間の音の拡がりや倍音の豊かさは今回のSACDで特に認識できるでしょう。一方、管弦楽曲はアビー・ロードの第1スタジオでの録音となり、こちらはこのバルビローリ盤に限らず、近接したリアルな音像と解像度の高さが特徴です。尚、2012年に旧EMIレーベルの国内盤でこの全集はSACDシングルレイヤーが発売されていますが、今回新規でデジタル化を行ったハイレゾ音源からのマスターは、比較試聴するとさらに一段上の解像度と音像のリアルさを持っていました。第2番では他と比較して多少固さが残るものの、総じてマスターテープ全体の状態が非常に良く、曲によりその変化の度合は異なるとは言え、後の録音年代になるほど良い傾向の音質でした。SACD層では特にそれぞれの微妙な差を今回聴き取れると思います。それにより一層バルビローリのシベリウス解釈や、演奏に打ち込む姿勢をリスナーは間近に感じられるはずです。名盤たる所以がそこにはあります。
    今回の復刻では通常時のこのシリーズより解説書を充実させた特別仕様としまして、英国音楽に造詣の深い藤野竣介氏による充実した新規解説と、藤野氏作成のディスコグラフィ(バルビローリのシベリウス録音)を掲載し、バルビローリの足跡を詳しく辿りました。シベリウスの作品解説含め、この解説書は必読です。尚、音質的にもこのシリーズでは、SACD層では伸びのある高域と柔らかなニュアンスと共に高い解像度と豊かな音場を、CD層はまとまったしっかりとした音と共に押し出される実在感ある音色を目指しています。CD自体のポテンシャルも高く、むしろ両方の良さを堪能できるSACDハイブリッド盤としてもお楽しみください。(2/2)

    タワーレコード (2018/08/08)

作品の情報

メイン

その他

収録内容

構成数 | 5枚


【曲目/録音】
ジャン・シベリウス:
<DISC1>
1. 交響曲 第1番 ホ短調 作品39、
2. 交響曲 第4番 イ短調 作品6
Recorded: 28-30 Dec., 1966 & *28,30 May 1969, Kingsway Hall, London
Producer: Ronald Kinloch Anderson
Balance Engineers: Neville Boyling & *Christopher Parker
<DISC2>
3. 交響曲 第2番 ニ長調 作品43、
4. トゥオネラの白鳥~「レミンカイネン」組曲作品22、
5. 劇付随音楽「ペレアスとメリザンド」 作品46(組曲)より 4曲
Recorded: 25 & 26 July,1966(3), Kingsway Hall, London、
23 &24 Jan.,1966(4), *13 &14 July 1967(5), No.1 Studio,Abbey Road,London
Producers: Ronald Kinloch Anderson(3), Christopher Bishop(4), Victor Olof(5)
Balance Engineer : Neville Boyling(3), Peter Bown(4,5)
<DISC3>
6. 交響曲 第3番 ハ長調 作品52、
7. 交響曲 第6番 ニ短調 作品104
Recorded :27 & 28 May1969 (6),21 & 22 May 1970(7), Kingsway Hall, London
Producer: Christopher Bishop, Balance Engineer: Christopher Parker
<DISC4>
8. 交響曲 第5番 変ホ長調 作品82、
9. 交響曲 第7番ハ長調 作品105、
10. 組曲「恋人」(弦楽合奏とパーカッションのための) 作品14、
11. ロマンス ハ長調(弦楽合奏のための) 作品42
Recorded: 26 & 27(8), 27 & 28(9) July 1966 (4), 4 & *5 (10,11) August, 1966, Kingsway Hall, London
Producers: Ronald Kinloch Anderson (8,9), Christopher Bishop(10,11)
Balance Engineers: Neville Boyling (8,9), Martin Benge(10,11) with *Christopher Parker
<DISC5>
12. 交響詩「フィンランディア」 作品26、
13. カレリア組曲 作品11、
14. 交響的幻想曲「ポホヨラの娘」 作品49*、
15. 悲しきワルツ 作品44 の1*、
16. レミンカイネンの帰郷~ 「レミンカイネン」組曲 作品22 より+、
17. 組曲「歴史的情景」第1 番 作品25 & 第2 番 作品66 より3 曲
Recorded: 23,*24 &+23 & 24 Jan., 1966(12-16), No.1 Studio,Abbey Road,London,,
4 August 1969(17), Kingsway Hall, London, Producer: Christopher Bishop Balance Engineers: Peter Bown(12-16), Martin Benge(17)

【演奏】
ハレ管弦楽団
サー・ジョン・バルビローリ(指揮)

【原盤】
Warner Classics(旧EMI音源)

  1. 1. [SACDハイブリッド]

  2. 2. [SACDハイブリッド]

  3. 3. [SACDハイブリッド]

  4. 4. [SACDハイブリッド]

  5. 5. [SACDハイブリッド]

収録内容を見る