こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【CD】

Lamp Lit Prose

Dirty Projectors

  • 1回の配送の合計金額が、1,500円(税込)以上で送料無料!
  • 輸入盤スペシャル・プライス
    期間限定特別価格

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

こちらの商品は世界同時発売商品のため、セブン-イレブン受け取りサービスのお届けは発売日から3日後以降となります。

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,257
  • セール価格(税込)
    ¥1,806
    ¥451 (20 %) オフ
  • ポイント数
    16 ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2018/07/13

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (イギリス盤)

レーベル

Domino Recording Co./Hostess

規格品番

WIGCD392

商品の紹介

  • ダーティー・プロジェクターズが前作からわずか1年半で早くも新作『ランプ・リット・プローズ』をリリース!2002年に結成。今まで7枚のアルバムをリリースし、Hostess Club Weekenderやフジロック、朝霧ジャム等の日本のフェスにも数多く出演してきたダーティー・プロジェクターズ。
    バンドメンバーが去り失恋を経験し失意の中制作した前作では、ソランジュやタイヨンダイ・ブラクストンと共にインディー・ロック、R&B、エレクトロニックなどジャンルの枠を超えた傑作を作り上げたデイヴだが、今作ではこれまでのダーティー・プロジェクターズの歴史を踏襲しつつも、ソングライティング、プロダクションなどの面で新たな境地に達し"ダーティー・プロジェクターズ・ビッグ・バンド"とでも呼ぶべき過去最高にアップリフティングなサウンドが誕生した!
    更に今作にはロスタム(元ヴァンパイア・ウィークエンド)、ロビン・ペックノルド(フリート・フォクシーズ)、シド(ジ・インターネット)、エンプレス・オブ、アンバー・マークなど豪華ゲストも参加。

    発売・販売元 提供資料 (2018/05/14)

  • Rolling Stone - "[With] a flood of ideas and magnificent vocal arrangements." NME (Magazine) - 4 stars out of 5 -- "LAMP LIT PROSE proves to be the band's most accessible work to date, and rarely do these vibrant pop songs outstay their welcome." Paste (magazine) - "'Zombie Conqueror' defies categorization, impressively putting three songs into one, jerking back and forth from measure to measure....'What Is The Time' is another winner, the best of the alt-R&B offerings."

    Rovi

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:37:21

Recording information: Ivo Shandor, Los Angeles, CA. Photographer: Jason Frank Rothenberg. "I don't know how I'm gonna be a better man/I don't know how I'm gonna reach the promised land/I don't know how I'm gonna get you to take my hand/But I'm gonna start and I know when." With these words in the first track on Dirty Projectors' 2018 release Lamp Lit Prose, David Longstreth (the group's leader and solo constant member) shares the good news: he's feeling better now. On 2017's self-titled Dirty Projectors, Longstreth was reeling from a tough romantic breakup, and a dark mood dominated the material, as well as a greater reliance on electronics and vocal manipulation. The cooler textures and digital sheen of that album certainly informs Lamp Lit Prose, but this time out the music has a much more organic feel, with natural horns, guitars, strings, and percussion dancing within the electronic frameworks. There's a palpable joy in this music that hasn't been so strong in Longstreth's work since 2009's breakthrough Bitte Orca, and while it never turns sappy, Lamp Lit Prose speaks of hope and second chances in the more optimistic tone of the music, reinforced by the percolating rhythms, the breathy harmonies, and the angular enthusiasm of the guitar work. Like Bitte Orca, Lamp Lit Prose is a genuinely adventurous work, not shy about pointing to Dirty Projectors' experimental roots, but the material also sounds bright, playful, and engaging, accessible even when the melodies and meters take unexpected left turns. And while HAIM, Amber Mark, Syd (of the Internet), Robin Pecknold (of Fleet Foxes) and Empress Of all contribute their talents to these songs, this is very much David Longstreth's music, and it's heartfelt, passionate, and beguiling in the tradition of Dirty Projectors' best work. ~ Mark Deming

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Right Now - (featuring Syd)

    close

    2.

    Break-Thru

    close

    3.

    That's a Lifestyle - (featuring HAIM)

    close

    4.

    I Feel Energy - (featuring Amber Mark)

    close

    5.

    Zombie Conqueror - (featuring Empress Of)

    close

    6.

    Blue Bird

    close

    7.

    I Found It in U

    close

    8.

    What Is the Time

    close

    9.

    You're the One - (featuring Robin Pecknold/Rostam)

    close

    10.

    (I Wanna) Feel It All - (featuring Dear Nora)

    close