こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【CD】

Piazzolla: Maria de Buenos Aires

ギドン・クレーメルクレメラータ・ムジカ

  • 1回の配送の合計金額が、1,500円(税込)以上で送料無料!
  • クラシック輸入盤プライスオフ
    期間限定スペシャル・プライス

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥1,825
  • セール価格(税込)
    ¥1,277
    ¥548 (30 %) オフ
  • ポイント数
    11 ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2018/02/16

フォーマット

CD

構成数

2

製造国

輸入

レーベル

Warner Classics

規格品番

9029573817

商品の紹介

  • 「ブエノスアイレスのマリア」は、68年初演、オラシオ・フェレール台本によるタンゴ・オペリータ(小オペラ)。不思議な高揚感を共有させ、器楽も声楽も語りも、そのすべてが主人公マリアとともに悲しみ、慟哭する、クレーメルのもとに集った音楽家たちの、ピアソラへ寄せる深い愛情が演奏全体に漲った、衝撃の音楽体験をさせてくれる演奏です。
    ワーナーミュージック・ジャパン

    発売・販売元 提供資料 (2017/12/12)

作品の情報

メイン

その他

収録内容

構成数 | 2枚

This set was nominated for the 1999 Grammy Award for "Best Opera Recording." Although this recording of 'Maria de Buenos Aires' will probably be found in your store's opera section, it might be more at home elsewhere. Described as a "tango operita" by its creators, this work is more closely allied with cabaret and musical theater styles. Maria is the tango personified: born in the suburbs of Buenos Aires, she is drawn into the city's lowlife; after dying there, her shadow is condemned to roam the streets. The story is told in a series of flashbacks and vignettes--the Goblin narrates, and it is he who finally effects Maria's redemption by allowing her to bear a child, also named Maria. Gidon Kremer and his Kremerata Musica play this music with an obvious devotion and an earthy elegance appropriate to the music. Argentinean singers Julia Zenko (Maria) and Jairo (all other vocal roles except the Goblin) sing and speak their roles with ease, giving no hint of the fact that they joined this production just a week before it began rehearsals. Librettist Horacio Ferrer rounds out the ensemble in the spoken role of the Goblin, beginning and ending the tale of Maria with a worldly, aged tone as well as participating in the drama in between.


『ギドン・クレーメル/ピアソラ:ブエノスアイレスのマリア』

【曲目】
ピアソラ:タンゴ・オペリータ「ブエノスアイレスのマリア」

【演奏】
ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)、
ラシオ・フェレール(語り)、
クレメラータ・ムジカ、

【録音】
1997年8~9月、1998年4月

  1. 1. [CD]

  2. 2. [CD]