こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【CD】

Always Ascending

Franz Ferdinand

  • 1回の配送の合計金額が、1,500円(税込)以上で送料無料!
  • 輸入盤スペシャル・プライス
    期間限定特別価格

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

こちらの商品は世界同時発売商品のため、セブン-イレブン受け取りサービスのお届けは発売日から3日後以降となります。

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,257
  • セール価格(税込)
    ¥1,806
    ¥451 (20 %) オフ
  • ポイント数
    16 ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2018/02/09

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (イギリス盤)

レーベル

Domino Recording Co./Hostess

規格品番

WIGCD408

商品の紹介

  • 新生フランツフェルディナンドの新作が完成!新鮮なアイデアとサウンド面での精力的な実験性に満ちたアルバム!
    約4年半ぶりとなる新作『オールウェイズ・アセンディング』はジュリアン・コリー(a.k.a Miaoux Miaoux)とディーノ・バルドー(元1990s)が加入して5人組として初めての作品!プロデューサーにはフランスのダンス・デュオ、カシアスのフィリップ・ズダールを起用。これまでにフェニックスやカインドネス、ビースティ・ボーイズなど数多くのアーティストを手がけてきたフィリップ・ズダールとバンドのコラボレーションの結果、ネオンサイン輝く眩しいグルーヴを纏った作品が完成。新鮮なアイデアとサウンド面での精力的な実験性に満ちた新たなフランツのサウンドが完成!

    発売・販売元 提供資料 (2017/11/10)

  • Rolling Stone - 3.5 stars out of 5 -- "Scotland's belovedly louche dance-rock heroes invoke Bowie's 'Fashion' and Talking Heads' 'Houses in Motion' on the title-track single here..." Spin - "The title track blooms with bursts of spiraling keyboards and clipped drums; the dub-kissed 'Finally' alternately resembles Gorillaz and PARKLIFE-era Blur..." NME (Magazine) - 4 stars out of 5 -- "[S]ynths are at the heart, alongside an irresistible dedication to having a good time." Clash (Magazine) - "'Lois Lane' has some neat synth, `Slow Don't Kill Me Slow' concludes the album in sparse, balladic form, and emphatic highlight `Feel The Love Go' has a gloriously energetic riff..."

    Rovi

レビュー

  • スパークスとのコラボ盤リリースやニック・マッカーシーの脱退、そして2人の新メンバーの加入を経て4年半ぶり5枚目のオリジナル・アルバムが完成。プロデューサーも初顔合わせのフィリップ・ズダールとあって、タイトなアンサンブルを活かした前作から一転、シアトリカルさやダンサブルなグルーヴ感といった彼ららしさを踏まえつつ、〈新生フランツ・フェルディナンド〉を印象付ける新しい試みが満載だ。有能なキーボード奏者ジュリアン・コリーを得たことで鍵盤の音が存在感を強め、厚く作り込んだテクスチャーによってサイケデリアありディスコありの多様な表現を追求しており、従来よりヨーロッパ大陸へ寄った趣も。〈上をめざすのみ〉という表題通り、とことん未来志向のリブートだ。
    bounce (C)新谷洋子

    タワーレコード (vol.412(2018年2月25日発行号)掲載)

  • 約4年ぶりの新作!待っていました。2017年、オリジナル・メンバーだったニック・マッカーシー(g)が突如脱退しショックを隠せず…そんな中ジュリアン・コリーとディーノ・バルドーが加入し5人組となったことを発表。5人での音楽は、今までのフランツとは想像できないサウンドだが、それでも溢れ出てしまうフランツらしさには自然と口角が上がる最高の一枚。2018年、1/25には一夜限りの来日公演を行ったり1/26にはなんと『MUSIC STATION』にも出演した。ファンには堪らなかったはず。ネオン色漂うダンサンブルな本作は、新たなフランツの始まり。新体制でのフランツをいつか生で観たい!
    intoxicate (C)鈴木真美

    タワーレコード (vol.131(2018年2月20日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:39:48

Audio Mixer: Philippe Zdar. Photographers: Melissa Appleton; Sylvan Deleu. Since the release of their debut, Franz Ferdinand have teetered between the raw post-punk that won them acclaim and attempts to broaden that sound. Always Ascending arrives at a ripe time for them to experiment: after founding member Nick McCarthy left in 2016, keyboardist Julian Corrie joined the fold. With the help of Corrie and producer Philippe Zdar -- known for his dance and rock-melding work with Phoenix and Justice -- the band follows through on the dance music flirtations of Tonight. The title track transforms the band's familiar dance-punk into gleaming space disco that feels like a leap into the unknown. Later, "Feel the Love Go" gives their skill at shifting from lusty to poignant a chrome-plated upgrade. Other highlights include "Lois Lane"'s sweeping synth pop and the mystique-laden finale, "Slow Don't Kill Me Slow," both of which demonstrate the revamped Franz Ferdinand's potential. ~ Heather Phares

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Always Ascending

    close

    2.

    Lazy Boy

    close

    3.

    Paper Cages

    close

    4.

    Finally

    close

    5.

    Academy Award, The

    close

    6.

    Lois Lane

    close

    7.

    Huck and Jim

    close

    8.

    Glimpse of Love

    close

    9.

    Feel the Love Go

    close

    10.

    Slow Don't Kill Me Slow

    close