こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【SACDハイブリッド】

モーツァルト: 歌劇「フィガロの結婚」全曲<タワーレコード限定>

エーリヒ・クライバーウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

  • 1回の配送の合計金額が、1,500円(税込)以上で送料無料!

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 価格(税込)
    ¥6,858
  • ポイント数
    63ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の説明

※限定盤。世界初SA-CD化。ステレオ録音
※歌詞対訳なし
※SA-CDハイブリッド盤
※2017年最新マスタリング音源使用(英Classic Soundにて、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープからダイレクトにDSD変換とマスタリングを行い、SACD層用のDSDマスターを制作。CD層用にはこのDSDマスターから44.1kHz/16bitにPCM変換を行いCDマスターを制作。アナログ・マスターテープはその経年劣化と保存状態に応じて、可能な範囲で入念な修復作業を行った後に変換作業を実施)
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット内に他のジャケットも掲載)
※通常パッケージ仕様
※盤印刷面:緑色仕様
※解説:広瀬大介氏、他 解説書合計15ページ

商品の情報

発売日

2017/04/19

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

3

製造国

国内

レーベル

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE SA-CD COLLECTION

規格品番

PROC-2026

商品の紹介

  • DECCAのステレオ最初期の名録音を世界初SA-CD化!これ以上ない豪華歌手陣と
    最晩年のエーリヒ唯一のステレオ・セッション録音の歴史的名盤。 (歌詞対訳なし)

    ウィーン・スタイルとも言える究極の「フィガロ」として、あまりにも名高い伝説的な名盤です。往年の名歌手たちの豪華な競演も魅力的で、この曲の代表的な録音のひとつです。この録音から約半年後に他界するエーリヒ・クライバーにとっても、この収録がDECCAとの最後で唯一のステレオ・セッション録音となりました。当時ステレオ録音がモノラルの収録と並行してスタートしたばかりのDECCAの録音技術は、他のレーベルのステレオ初期と比較して比べ物にならない位のクオリティを有しており、60年以上経った現在でもこのステレオ音源は優秀録音として評価の高いものです。録音は声を前面に出して歌手の息遣いまでも忠実に再現している一方で、オケはやや背後に配置されており、当時の豊かな弦楽器と独特の雅なウィーンの管楽器の音色が美しく明晰に収録され、オーディオファイルにとっても初出時から注目の録音でした。今回の復刻は、国内盤ではCD時代の1999年に96/24リマスターが出て以来であり(このマスターを使用したハイレゾ音源が配信で2013年に発売済)、オリジナルの本国のアナログ・マスターテープからダイレクトにDSD化したのは今回が初めてです。これまでのこのシリーズと同様、最新でDSDマスタリングされたSA-CD層の音は非常に鮮明で、驚くべき音質で現在に蘇りました。この「フィガロ」は当初より復刻の候補に上がっておりましたが、今回ようやく制作の準備が整いました。満を持して復刻いたします。
    当シリーズでは制作するにあたり、一から本国のオリジナル・アナログ・マスターテープのメンテナンスと修復を行った上で高品位デジタル化(DSD)を行い、本国のレーベル専任エンジニアがこのシリーズ用に綿密な工程で時間をかけてマスタリング作業を行いました。SA-CD層では、高精細なマスターサウンドをお楽しみいただけます。CD層も最新のデジタル化とマスタリングを施していますので、従来盤の音質とは一線を画しています。尚、このシリーズではオリジナル・ジャケット・デザインを採用し、解説書には広瀬大介氏による新規の序文解説を掲載しました。表のジャケットはステレオ版のものを、ブックレットの表紙にはモノラル版のジャケット・デザインを採用しております。今回の「ヴィンテージSA-CDコレクション」第4弾は、計3タイトルを発売いたしますが、このアイテムのみ、制作上の都合により発売日が同時発売の他の2タイトルとは異なっております。

    タワーレコード (2017/02/22)

作品の情報

収録内容

構成数 | 3枚



【収録曲】
<DISC1-3>
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:歌劇《フィガロの結婚》 K.492 全曲

【演奏】
フィガロ:チェーザレ・シエピ(バス)
スザンナ:ヒルデ・ギューデン(ソプラノ)
アルマヴィーヴァ伯爵:アルフレート・ペル(バリトン)
アルマヴィーヴァ伯爵夫人:リーザ・デラ・カーザ(ソプラノ)
ケルビーノ:スザンヌ・ダンコ(ソプラノ)
マルチェリーナ:ヒルデ・レッセル=マイダン(メッゾ・ソプラノ)、 バルトロ:フェルナンド・コレナ(バス)、
バジリオ:マレイ・ディッキー(テノール)、 ドン・クルツィオ:フーゴ・マイヤー・ヴェルフィンク(テノール)、
アントニオ:ハラルト・プレーグルヘーフ(バス)、 バルバリーナ:アンニー・フェルバーマイヤー(ソプラノ)
ウィーン国立歌劇場合唱団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
エーリヒ・クライバー(指揮)

【録音】
1955年6月21-27日 ウィーン、レドゥーテンザール

【原盤】
Decca

  1. 1. [SACDハイブリッド]

  2. 2. [SACDハイブリッド]

  3. 3. [SACDハイブリッド]

カスタマーズボイス

※現在カスタマーズボイスはありません。ぜひ書き込んでください!

この商品のコメントを書く

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.