こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

【LPレコード】

A Seat At The Table<限定生産>

Solange

  • 1回の配送の合計金額が、1,500円(税込)以上で送料無料!
  • ソウル/クラブ/ラップ輸入盤レコード/アナログ10%オフ
    LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥4,417
  • セール価格(税込)
    ¥3,975
    ¥442 (10%) オフ
  • ポイント数
    36ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2016/12/09

フォーマット

LPレコード

構成数

2

製造国

輸入(アメリカ盤)

レーベル

Saint Records/Columbia

規格品番

88985387471

商品の紹介

  • 新たな境地へ!世界が絶賛するソランジュ、8年ぶりの新作!Qティップ、リル・ウェイン、ケリー・ローランド、サンファら豪華メンバーが参加!
    アメリカ・テキサス州ヒューストン出身、シンガーソングライター、モデル、女優として活躍。姉に歌手、女優のビヨンセを持つ。現在までに2枚のアルバムをリリースし、今作は8年ぶり3枚目のスタジオ・アルバム『A Seat AtThe Table』となる。2013年から制作が始まった今作は、全て自身が作曲、アレンジに関わり、プロデュースにラファエル・サディーク、フィーチャリング・アーティストにQティップ、リル・ウェイン、ケリー・ローランド、サンファらが参加した超豪華内容。コンセプトは、"Empowerment/女性の社会的地位の向上"、"Independence/自立"、"Grief&Healing/悲しみと癒し"となっている。
    同時に公開されたミュージック・ビデオ「Don`t Touch My Hair」と「Cranes In The Sky」は自身と、夫でありミュージック・ビデオ監督のアラン・ファーガソンが手掛けている。今作は、まず9/30に突如、電撃的にデジタルでリリースされた。一切の事前情報なしに届けられた今作は、強いメッセージを内包しながらも、新しい響きを湛えたしなやかでソフトなサウンドが強い印象を残し、リリース後に着々と称賛の声を集めながらUSのi-Tunesアルバム・チャート2位をはじめ、各国のデジタル・チャートを上昇中。現在も音楽メディア、またアリシア・キーズ等著名人からの絶賛は続いており、ソランジュの新たな境地に注目が集まっている。

    発売・販売元 提供資料 (2016/10/11)

  • Rolling Stone - 4 stars out of 5 -- "[A] fantastic-sounding LP that takes sonic cues from dusty soul sides while sounding as timely as a freshly sent tweet." Mojo (Publisher) - Ranked #22 in Mojo's 'The 50 Best Albums Of 2016' -- "Anger manifested softly...[she] projected a hope for redemption." Pitchfork (Website) - "[I]t already seems like a document of historical significance, not just for its formidable musical achievements but for the way it encapsulates black cultural and social history with such richness, generosity, and truth." Clash (Magazine) - "Solange fully embodies the educator on A SEAT AT THE TABLE, a role she personifies with a gusto so rarely seen in popular music....An expertly-curated, a near-perfect record..."

    MUZE

レビュー

  • 8年ぶりとなる3枚目のフル・アルバム。デヴ・ハインズ関与のEPや自主レーベル製コンピの流れを汲む越境感覚、〈Black Lives Matter〉的な動きに呼応しつつ黒人ルーツや女性の自立にまで拡げた壮大なテーマを姉ビヨンセの最近作と重ね合わせたくもなるが、音の感触はスウィートで優しい。制作ではラファエル・サディークが主導権を握り、ソウル/ファンクのオーガニックな質感と80sポップ的なソリッドな風合いを交配。先行カットの"Cranes In The Sky"をはじめ、リル・ウェイン、Q・ティップ、サンファらを招いて、控えめに声を添えるトゥイートのように艶やかな声で歌い舞う尖った美曲は、過去最高に彼女の真価が発揮されたと言っていい。頻出するインタールードにはマスター・Pやケリー・ローランドらを起用。NOLAセカンドラインを採り入れつつ、BJ・ザ・シカゴ・キッドやドリームと相見えれば、鬼才ジュニー・モリソンに捧げた曲も披露。この大作感はケンドリック・ラマーの〈TPAB〉にも匹敵する。全米1位にも納得だ。
    bounce (C)林剛

    タワーレコード (vol.397(2016年11月25日発行号)掲載)

作品の情報

ゲスト

メイン

収録内容

構成数 | 2枚

Solange Knowles started writing her third album in New Iberia, Louisiana, a town where her maternal grandparents lived until a Molotov cocktail was thrown into their home. That setting helps explain how A Seat at the Table turned out drastically different from Knowles' previous output. There's no revisitation of beachy retro soul-pop and new wave akin to "Sandcastle Disco" or "Losing You." Nothing has the humor of "Some Things Never Seem to Fucking Work" or the bluntness of "Fuck the Industry." There certainly aren't any love songs in the traditional sense. Instead, surrounded by a collaborative throng that includes Raphael Saadiq, Dave Longstreth, and Adam Bainbridge, Knowles composed and produced alleviating pro-black reflections of frustration and anger. They regard persistent dehumanizing burdens dealt to her and other persons of color in a country where many are hostile to the phrase "Black Lives Matter" and the equality-seeking organization of the same name. Remarkably, tender elegance is the mode for much of the album's duration, as heard in the exquisitely unguarded "Cranes in the Sky" and dimly lit left-of-center pop-R&B hybrids "Don't You Wait" and "Don't Wish Me Well." Those songs crave release and reject character assassination and stasis while hinting at inevitable fallout. Their restrained ornamentation and moderate tempos are perfectly suited for Knowles, an undervalued vocalist who never aims to bring the house down yet fills each note with purposeful emotion. When the rhythms bounce and the melodies brighten, as they do during a short second-half stretch, the material remains rooted in profound grief and mystified irritation. In "Borderline," a chugging machine beat and a lilting piano line form the backdrop of a scene where Knowles and her partner tune out the world for the sake of their sanity. Then, after Nia Andrews and Kelly Rowland's half minute of proud harmonic affirmation, along comes "Junie," a squiggling jam on which Andre 3000 makes like the track's namesake (Ohio Players and Parliament legend Junie Morrison), where Knowles delivers a sharp metaphorical smackdown of a cultural interloper like it's merely an improvised postscript. All of the guests, from Lil Wayne to Kelela, make necessary appearances. The same goes for Knowles' parents and Master P, who are present in the form of short interludes in which they discuss segregation, self-reliance, cultural theft, and black pride. These segues shrewdly fasten a cathartic yet poised album, one that weighs a ton and levitates. ~ Andy Kellman

  1. 1. [LPレコード] DISC 1:

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Rise

    close

    2.

    Weary

    close

    3.

    Interlude: The Glory Is In You

    close

    4.

    Cranes In The Sky

    close

    5.

    Interlude: Dad Was Mad

    close

    6.

    Mad - (featuring Lil Wayne)

    close

    7.

    Don't You Wait

    close

    8.

    Interlude: Tina Taught Me

    close

    9.

    Don't Touch My Hair - (featuring Sampha)

    close

  2. 2. [LPレコード] DISC 2:

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Interlude: This Moment

    close

    2.

    Where Do We Go

    close

    3.

    Interlude: For Us By Us

    close

    4.

    F.U.B.U. - (featuring The Dream/BJ the Chicago Kid)

    close

    5.

    Borderline (An Ode To Self Care) - (featuring Q-Tip)

    close

    6.

    Interlude: I Got So Much Magic, You Can Have It - (featuring Nia Andrews/Kelly Rowland)

    close

    7.

    Junie

    close

    8.

    Interlude: No Limits

    close

    9.

    Don't Wish Me Well

    close

    10.

    Interlude: Pedestals

    close

    11.

    Scales - (featuring Kelela)

    close

カスタマーズボイス

※現在カスタマーズボイスはありません。ぜひ書き込んでください!

この商品のコメントを書く

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.