こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【LPレコード】

Day Breaks

Norah Jones

  • 1回の配送の合計金額が、1,500円(税込)以上で送料無料!
  • ジャズ輸入盤レコード/アナログ10%オフ
    LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥3,985
  • セール価格(税込)
    ¥3,586
    ¥399 (10%) オフ
  • ポイント数
    33ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2016/10/07

フォーマット

LPレコード

構成数

1

製造国

輸入(International Version)

レーベル

Blue Note Records

規格品番

4795572

商品の紹介

  • あの感動が再び!名曲〈ドント・ノー・ホワイ〉から15年、2児の母となったノラがまた、ジャズに帰ってくる。甘くほろ苦い歌声と美しいピアノに、世界は再び癒される。2002年にデビュー・アルバム『ノラ・ジョーンズ』(原題:『Come Away With Me』)でグラミー賞主要4部門を含む8部門を受賞するなど大ヒットを記録。以来、世界中でアルバムを4500万枚以上売上げ、グラミー賞を9度受賞と、名実ともに世界最高峰の女性アーティストとなったノラ・ジョーンズの新作。
    2014年にノラ自らが"ホーム"と呼んでいるレーベル、Blue Noteの75周年を祝うイベントで、マッコイ・タイナー、ウェイン・ショーター、ドクター・ロニー・スミス、ロバート・グラスパーといった新旧のジャズ界のスターたちと共演。それに触発され「こんなアルバム作れたなら、っていうようなジャズのアルバムを聴いていた」というノラは、出産を経て、自宅のキッチンにおいているピアノで、本作の制作をスタートさせました。「最初のアルバムを発表してから、間違いなくピアノから離れてしまった。弾いたりはしていたけれど、ギターで書きたいっていうのがあったの。だからこれらの曲をピアノで書き始めると、すぐにそれらはピアノで演奏されるべきだっていうことが明白だった」というように本作ではデビュー・アルバム以来楽15年ぶりにピアノ弾き語りのスタイルに回帰。
    本作のプロデュースは、Blue NoteのA&Rとしてノラをデビューから手掛け、ホセ・ジェイムス、ロバート・グラスパーと契約し、現在のBlue Noteの潮流を作ったイーライ・ウルフとノラ本人が共同で行いました。そしてレコーディングにはジャズ界の巨匠達が多数参加。サックス奏者のウェイン・ショーターやオルガンのドクター・ロニー・スミスといった伝説的なプレイヤーをはじめ、ノラのデビュー作より参加しているドラマーのブライアン・ブレイド等が参加しています。180g重量盤。ゲイトフォールド仕様。

    発売・販売元 提供資料 (2016/08/15)

  • Entertainment Weekly - "[I]t's the relationship between Jones' voice and her piano that impresses most. Not since her entrancing debut has she sounded this engaged." -- Grade: A-

    MUZE

レビュー

  • 初作の音楽性に回帰したと言われているけど、全然違う。あれはジャジーな逸品だったが、ウェイン・ショーターのソプラノ・サックスに含みがある冒頭曲ほか、ノラにとっては(自身の作品で)初めてのジャズ。昔のように甘みはなく、カサンドラ・ウィルソンみたいな苦みが表出している。とはいえ、ストレートなジャズ盤と言うわけでもなく、ファルセットで歌われる表題曲などは前2作の流れを汲んでもいる。歌も音も何しろ豊か。
    bounce (C)内本順一

    タワーレコード (vol.396(2016年10月25日発行号)掲載)

  • 前作『リトル・ブロークン・ハーツ』から4年ぶりの新作は、彼女のホームBlue Note75周年を祝うイベントでJAZZの巨匠たちと共演し、触発されうまれた作品。デビュー作『カム・アウェイ・ウィズ・ミー』以降ピアノから少し距離を置き、ギターで曲作りをしていたという彼女。しかし、今作ではキッチンの近くに置いてあるピアノを弾きながら作曲を行い完成させたという。私生活では母となり、環境が変わったことで、渋く暖かい、甘い歌声が深みを増している。ウェイン・ショーターやドクター・ロニー・スミスなど巨匠がレコーディングに参加。ピアノと歌声に酔いしれる事間違いない作品。
    intoxicate (C)川崎耕平

    タワーレコード (vol.124(2016年10月10日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

Norah Jones took liberty with her blockbuster success to set out on a musical walkabout, spending a good portion of the decade following 2004's Feels Like Home experimenting, either on her own albums or on a variety of collaborations. Day Breaks, released four years after the atmospheric adult alternative pop of the Danger Mouse-produced Little Broken Hearts, finds Jones returning home to an extent: it, like her 2002 debut Come Away with Me, is a singer/songwriter album with roots in pop and jazz, divided between originals and sharply selected covers. Such similarities are immediately apparent, but Day Breaks is much slyer than a mere revival. That term suggests a slight air of desperation, but Jones comes from a place of confidence on Day Breaks, happy to demonstrate everything she's learned over the years. Often, these tricks are deliberately sly: she'll pair her torchy original "And Then There Was You" with a woozy, bluesy cover of Neil Young's "Don't Be Denied" that winds up evoking Come Away with Me, then follow that up with the dense, nocturnal rhythms of "Day Breaks." She threads in versions of Horace Silver's "Peace" and Duke Ellington's "African Flower" while inviting saxophonist Wayne Shorter and organist Lonnie Smith in to play -- moves that signal that there's a strong, elastic jazz undercurrent to Day Breaks that means this record breathes more than her debut. Such a sense of quiet adventure gives the record depth, but what gives it resonance are the exquisitely sculpted songs. Jones' originals feel as elegant as time-honored standards, and all her covers feel fresh. The former speak to her craft, the latter to her gifts as a stylist, and the two combine to turn Day Breaks into a satisfying testament to her ever-evolving musicianship. ~ Stephen Thomas Erlewine

  1. 1. [LPレコード]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Burn

    close

    アーティスト
    Norah Jones

    2.

    Tragedy

    close

    アーティスト
    Norah Jones

    3.

    Flipside

    close

    アーティスト
    Norah Jones

    4.

    It's A Wonderful Time For Love

    close

    アーティスト
    Norah Jones

    5.

    And Then There Was You

    close

    アーティスト
    Norah Jones

    6.

    Don't Be Denied

    close

    アーティスト
    Norah Jones

    7.

    Day Breaks

    close

    アーティスト
    Norah Jones

    8.

    Peace

    close

    アーティスト
    Norah Jones

    9.

    Once I Had A Laugh

    close

    アーティスト
    Norah Jones

    10.

    Sleeping Wild

    close

    アーティスト
    Norah Jones

    11.

    Carry On

    close

    アーティスト
    Norah Jones

    12.

    African Flower (Fleurette Africaine)

    close

    アーティスト
    Norah Jones

カスタマーズボイス

※現在カスタマーズボイスはありません。ぜひ書き込んでください!

この商品のコメントを書く

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.