こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【CD】

Title (Deluxe Edition)

Meghan Trainor

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,149
  • セール価格(税込)
    ¥1,891
    ¥258 (12%) オフ
  • ポイント数
    17ポイント
  • まとめてオフ(税込)
    ¥1,612
    ¥537 (25%) オフ
  • ポイント数
    14ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2015/01/13

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入(アメリカ盤)

レーベル

Epic

規格品番

88875046912

商品の紹介

  • 全米シングルチャート8週連続1位!
    異色の<ぽちゃカワ歌姫>メーガン・トレイナー、遂にアルバム・デビュー!

    今、世界中が大注目する20歳(2014年時)の大型新人、異色の<ぽちゃカワ歌姫>メーガン・トレイナーが遂にアルバム・デビュー!全米シングル・チャートで驚異の8週連続1位を記録し、世界58カ国のiTunesシングル・チャートでも1位を獲得するなど、デビュー・シングル「オール・アバウト・ザット・ベース」が世界中の音楽シーンを席巻!一度聴いたら頭から離れないポップでキャッチーなこの曲は、“私は低音(=ベース)みたいにズッシリ重いの、でもそれが私の魅力よ♪”と自らのポッチャリ体型について軽やかに歌いながらも、“みんな今のままでカンペキ!だからカラダのサイズなんて気にしなくて大丈夫!”と、すべての女の子たちにエールを送る激ポジティヴなガールズ・アンセム。若い女の子たちを中心に絶大な支持を得て、遂に全米シングル・チャート8週連続1位を達成し、2014年の1位最長記録の女性アーティストに!また彼女の所属レーベルであるEPIC史上で、これまでマイケル・ジャクソンが持っていた7週1位の記録(1983年の大ヒット曲「ビリー・ジーン」と1991年の「ブラック・オア・ホワイト」)を破り、堂々の1位最長の新記録をも更新している!
    7歳のころから曲作りを始めたというメーガン・トレイナーは、ミュージシャンの父と伯父の影響で、ピアノだけでなくギター、ウクレレ、パーカッションも弾きこなすマルチ・プレイヤー。あの名門バークリー音楽院からの全額奨学金付与の特待生入学の誘い断り、女子高生時代からプロのソングライターとして有名アーティスにも楽曲を提供してきた実力派だ。もちろんデビュー・アルバム『タイトル』でも全曲を手掛けており、2015年、シーンが最も注目する最重要新人アーティストだ。

    発売・販売元 提供資料 (2014/11/25)

  • Rolling Stone - "Doo-wop is Trainor's thing, from the girl-group bounce of 'Dear Future Husband' to the finger-snapping balladry of 'Like I'm Gonna Lose You'..." Entertainment Weekly - "This is real-girl pop with massive charm." -- Grade: A- Billboard - "'3 am' and 'Walkashame' depict romantic missteps (drunken cellphone fails, a blotto one-night stand) with wry self-awareness."

    MUZE

レビュー

  • すっかり落ち着いたシェール・ロイドやアルバム延期を重ねているデヴを横目に、カラフルなお転婆ポップで世界を席巻しているミーガン嬢。待望のファースト・アルバムは、全米8週No.1を記録したぽっちゃり応援歌“All About That Bass”にも引けを取らない、良曲揃いの刺激的な一枚となりました。同ヒット曲路線の変形ドゥワップやジョン・レジェンド客演曲など50s~60sフィールをハイブリッドしたモノから、クランク/スナップの匂いがほんのり漂うラップ・チューンまでをラインナップ。17歳で作家デビューした実力を見せつけるべく、人懐っこいグッド・メロディーの雨あられです。これを聴いて心躍らないなんて嘘! 思わず一緒にお尻を振って手拍子したくなりますよ。最高!
    bounce (C)山西絵美

    タワーレコード (vol.375(2015年1月25日発行号)掲載)

作品の情報

ゲスト

メイン

その他

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:45:57

Audio Mixer: Kevin Kadish. Recording information: Beluga Heights Studios, Los Angeles, CA; Germano Studios, New York, NY; The Carriage House, Nolensville, TN; The Green Room, East Nashville, TN. Photographer: Brooke Nipar. "All About That Bass" spread throughout the globe with the speed of a pandemic disease, and its viral nature neatly camouflaged how Meghan Trainor was no naive ingenue. She landed a publishing deal at the age of 18 and had one of her songs recorded by pop-country superstars Rascal Flatts, show-biz bona fides that belied her Internet sensation status. Title, Trainor's full-length debut, suggests this tactic was deliberate: snag an audience via a near-novelty, then rely on her well-honed craft for the rest of the record. Certainly, echoes of "All About That Bass" can be heard throughout Title, particularly in how she and her chief collaborator Kevin Kadish balance a love of old-fashioned girl group pop with old-school hip-hop, but the cumulative effect of the album's 15 tracks is to shift attention away from her cutesy style to her songwriting skills. Admittedly, Trainor is eager to embrace her enthusiasm for musical theater -- she's the first post-Glee pop star, consciously putting on a show as she sways between rapped verses and cabaret choruses, liberally borrowing from Dion's "Runaround Sue" for "Dear Future Husband," making sure that she laughs after delivering a pun on her own last name -- but over the course of a record the affectations don't seem quite as potent as they do when they're distilled to a single. By the time the record winds its way around to the Motown bounce of "Lips Are Movin" -- a single equally inspired by vintage 45s and Amy Winehouse's snazzy new-millennial revival that's the best song here -- Trainor's giddiness has become ingratiating, so it's easier to warm to her considerable skill at pastiche and performance. Far from consigning her to one-hit wonder territory, the blend of strength of personality and music-biz savvy on Title shows that Meghan Trainor is clever enough to parlay a big hit into a real career. ~ Stephen Thomas Erlewine

エディション | Deluxe Edition

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Intro/The Best Part

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    2.

    All About That Bass

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    3.

    Dear Future Husband

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    4.

    Close Your Eyes

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    5.

    3am

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    6.

    Like I'm Gonna Lose You

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    7.

    Bang Dem Sticks

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    8.

    Walkashame

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    9.

    Title

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    10.

    What If I

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    11.

    Lips Are Movin

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    12.

    No Good For You

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    13.

    Mr. Almost

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    14.

    My Selfish Heart

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

    15.

    Credit

    close

    アーティスト
    Meghan Trainor

カスタマーズボイス

※現在カスタマーズボイスはありません。ぜひ書き込んでください!

この商品のコメントを書く

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.