こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

漫画☆ボカン

漫画☆ボカン

第二回『復讐まんが』

復讐といえば、世代的には卒業式後の“お礼参り”を思い出したりもしますが、 人類歴史をひもとけば、ギリシャ悲劇やシェークスピア作品、菊池寛の小説 「恩讐の彼方に」を筆頭に、いわゆる復讐(仇討ち)をテーマにした物語は決して少なくなく、むしろ王道と言ってもいいでしょう。予期せぬ悲劇に襲われたとき、人は時としてその原因となった相手を恨み、復讐することで自らの哀しみや怒りをやわらげようとします。
しかし、復讐が本当にその人にとって救いとなるかは疑問なわけで、復讐はまた新たな復讐を生むことにもなる。
人を呪わば穴二つといいますが、そんな他人から見れば不毛でバカバカしい自滅行為としか思えない復讐の物語が、どうしようもなく我々の心を揺さぶってしまうのは、そこに人間の滑稽さや悲しさ、純粋さや美しさが極端にデフォルメされた形で見ることができるからかもしれません。

というわけで、今回は様々な復讐をテーマにした作品を紹介します!


イルリメ ディスコグラフィ

血だるま剣法 平田弘史

“地を這う必殺仕事人?”

親兄弟を皆殺しにされた被差別部落出身の若者が剣の道を志すものの、
差別を受け、両手両足を切り落とされつつも、異様なまでの執念で差別をした連中に復讐するという話。
自由自在に地を這う蛇にヒントを得て、己の身体を岩でこすり、
蛇腹状にカスタムしてしまう凄まじいまでの執念には、ただただア然!
作者の意図として「差別」「復讐」は良くない!ということを真面目に訴えた話なのですが、
色んな誤解を受けるところもあって、発禁処分となっていた幻の作品。
漫画から強烈な往復ビンタを喰らいたい!って方へお薦めする大大大名作!

ちなみに平田先生は天才ならではの個性溢れる人物としても知られ、
ガムは最後飲むのガッツ石松伝説、息子を球場に忘れた長島茂雄伝説、
対局時に滝を止めさせた加藤一二三伝説(将棋棋士)とならび、
平田弘史伝説、と呼びたいほど逸話が豊富な方でもあります!

血だるま剣法 平田弘史

14歳 楳図かずお

“自然界から人類への復讐”

近未来、細胞培養による食肉鶏ささみ工場の鶏肉が突然変異を起こし、チキン・ジョージという謎の生命体が誕生。
人類に復讐してゆくという設定が鳥インフルエンザや狂牛病、を経た今読むと、シュールを通り越して、コワすぎる!
グルメを追求するのもいいけど、いま一度、我々人間も自然の食物連鎖の輪の中にいることを思い出して、
日々の食事をありがたくいただきたいものです。
同様のテーマでは、バイオ野菜を題材にした諸星大二郎の「バイオの黙示録」もオススメ。

この作品、我々の宇宙の果て、さらに宇宙の外側!までをも描いています。
漫画史上初では?!
「漂流教室」で描かれる荒廃した未来へのミッシングリンクとして位置づけられる作品でもあり、
いまのところ楳図先生が最後に描かれた長編でもあります。

14歳 楳図かずお

14歳 1 14歳 1 楳図かずお
価格
¥627

14歳 2 14歳 2 楳図かずお
価格
¥627

14歳 3 14歳 3 楳図かずお
価格
¥627

14歳 4 14歳 4 楳図かずお
価格
¥627

14歳 5 14歳 5 楳図かずお
価格
¥627

14歳 6 14歳 6 楳図かずお
価格
¥627

14歳 7 14歳 7 楳図かずお
価格
¥627

14歳 8 14歳 8 楳図かずお
価格
¥627

14歳 9 14歳 9 楳図かずお
価格
¥627

14歳 10 14歳 10 楳図かずお
価格
¥627

14歳 11 14歳 11 楳図かずお
価格
¥627

14歳 12 14歳 12 楳図かずお
価格
¥627

14歳 13 14歳 13 楳図かずお
価格
¥627

ボンバ! 手塚治虫

“愛情転じて憎悪の復讐 可愛さ余って憎さ百倍!”

憧れの女性に宛てたラブレターを恋敵に人前で読まれるという辱めを受けた少年。
しかも、その女性には裏の顔があり、汚れた女だった…。
すべてが憎い!馬 =ボンバとなり、街で大暴れ。内気な少年の一途ゆえの恨みの思念が怪物を生み出し、
現実にモノを壊したり人を殺めてしまうという点では、「漂流教室」の怪虫と同じですね。
真のモンスターとは誰かを恨んでしまう人間の心の中にある。
この作品、手塚自身が設立した会社の倒産危機に瀕し、
精神的にもっとヤバかった時代に描かれた――という背景を考えると、
ボンバは手塚先生自身なのかもしれません。

ちなみに医者でなければ描けない作品として先生の代表作「ブラックジャック」に加え、
「きりひと讃歌」も大推薦の名作です。

残酷な神が支配する 萩尾望都

“復讐で人は本当に救われるのか?”

義父に性的関係を強要され続ける美男子ジェレミーは、義父の車に細工。
見事に車は事故を起こすが、偶然車に乗り合わせた母親も共に死亡してしまう。
こんなはずでは…と心の迷宮に迷い込むジェレミー。
また義父の本当の息子イアンは父の知られざる性癖を知り、苦悩を抱く。
この二人を軸に展開するサイコサスペンスドラマ。

「レコードが傷のついた箇所を何度も再生してしまうように、
大きなトラウマを負った者は同じことを何度も繰り返してしまう。
本当は嫌なはずなのにね。」というセリフが印象深い。
復讐の呪縛から逃れ、再生するには「赦し」が必要なのだという哲学、前向きな諦念、
さらには真の意味での寛容について考えさせられる。
「ポーの一族」「トーマの心臓」「11人いる!」で知られる萩尾望都の長編の中でも最高傑作と呼びたい。

猫面 楳図かずお

“たんなる醜男の復讐、ではないのら~”

猫の祟りから猫面としてうまれた城主の息子、秀信。 実の父を地下牢に幽閉し、
見初めた美しい町人の娘を無理やり手に入れるため、その恋人を自分と同じ醜い猫面にする。。
片目を焼きごてで潰し、口を耳まで裂くシーンは、怖(痛)すぎ! 
そんな不毛な目にあった男が、さらに秀信に復讐…、、、
この最後の展開が楳図先生らしい、人間の業を表現してます!

楳図恐怖漫画の中でも特異といえる残忍な描写で読者を震え上がらせる。
先生自身、当時の力を全て出し切った、また残酷表現を極めた、と振り返り語るほど。
「恐怖と愛が一緒になった第一号作品」とも。
劇画タッチの荒々しい筆使いも迫りくる恐怖感にハマってて、大人になっても怖い漫画は怖い、ことを再認識。

ロングセラー

猫面 猫面 楳図かずお
価格
¥2,484

怨獄紅―完全版 上村一夫

“男と女、復讐こそ究極の愛? ”

夫を寝取られた妻が嫉妬に狂って二人を刺殺。二人の愛を永遠に留めるために心中を選ぶカップル…。
そんな陳腐ゆえに誰もが身につまされずにいられない 男女の愛憎が渦巻く愛憎劇。
腹が裂け、血が飛び散るシーンですら、リリカルで耽美な美しさをたたえているのが、上村作品の真骨頂。
愛なくしては、憎しみもないわけで、復讐とは究極の愛の形なのかもしれません。
ザッツ・昭和な情念ワールドは平成生まれにこそ体験して欲しい。

ちなみに上村のアシスタント経験者として「孤独のグルメ」他で知られる谷口ジロー、
また近未来SF「寄生獣」で著名な岩明均が知られています。

ロングセラー

さいごに・・・取り上げられなかった『復讐まんが』 + あとがき

手塚治虫『鉄の旋律』、白土三平『サスケ』、雁屋哲/花咲アキラ『美味しんぼ』(これも入るね?!)、
石川賢『魔獣戦線』、井上三太『隣人13号』、三浦建太郎『ベルセルク』、石森章太郎『仮面ライダー』、
風忍『地上最強の男 竜』なども復讐まんがの名作ですので、
興味がある方はチェックしてみてださい。

さまざまな犯罪被害に遭った方の手記を読んでいると、
『復讐』に囚われてはまともに生きてゆくことが出来ない、前向きに生きていくためには
『赦(ゆる)し』が必要になる、という共通した言葉が出てくるように感じます。
『タイガーマスク』のように悪の組織「虎の穴」から抜け出し、
めぐまれない子供たちを助けるために組織と闘う、という復讐なら肯定できるように思えますが、
みなさんはどう考えますか。

ところで別冊マガジンで連載されており、
コミック特集ページでも掲載されている「進撃の巨人」は読んでますか?!
人類を捕食するため襲ってくる巨大な人間たちと人類との闘い、という設定。
悪夢のような世界観です。
今現在公開可能な情報、という表現が出てくるのですが、
この言語センスからはゲームに影響を受けた世代、という感じもします。待望の3巻が発売されました。
某テレビ番組でチュートリアル徳井さんが今一番面白いマンガ、と推薦してました。
また若干23歳と作者は若いので、将来にも期待ですよ!

『進撃の巨人』特集はこちら

あと、第一回『このマンガがすごい!』最優秀賞を受賞した
中園吉生『アプリオリ』短編集収録の『アプリオリ・ゲーム』、
これホントに素晴らしい作品でした!
スクリーントーンを使用しない白っぽい画風ながら、リアリティに満ちた描写、
ストーリーテリングの巧さ、着想の特異さ、に感動させられました。
大友克洋、さらに松本大洋を想起させられる画風と個人的には感じました。

それではまた次回、面白いくくりで、名作漫画作品を紹介します☆

古本トラベルミン / いまむらたかや

近況

近況
古書で絶版漫画「青春火山」(松文館エースファイブコミックス)を購入。
久しぶりに強烈ブッ飛んだ良い漫画を手に入れました。
興味がある方、探して読む価値ありますよ~

サッカー部だった中学時代から数えること25年ぶりにフットサルをやったものの、
全身筋肉痛で一週間ほど悩まされる事態に。

「キダ・タローのほんまにすべて」という“浪速のモーツアルト”=キダ先生の作品集が祝復刻!
92年の旧盤リリース以来、権利関係など大人の事情をクリアして、なんと3年がかりでの復刻、+追加曲収録という裏話を聞き、リリース元(アップフロント)はホンマに偉いと感動っっ!

未来予言について色々調べるのが趣味です^^次回は予言漫画を特集?!

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.