こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

2016年 プレスリリース

  • タワーレコード株式会社
  • 2016年02月23日
  • T-Palette Records

アイドルネッサンス
音楽と向き合い、紡ぎ続けた“名曲ルネッサンス”の集大成
3/22発売、待望のファーストアルバム
「アワー・ソングス」詳細発表。
アルバムリード曲は高野寛「ベステンダンク」。
2/28セカンドワンマンライブにて初披露も決定。

3月22日(火)に初のフルアルバム『アワー・ソングス』を発売するアイドルネッサンスが、収録曲、ジャケット写真を発表しました。

去る1月10日、タワーレコード新宿店にて行われた前作シングル「Funny Bunny」のリリースイベント最終日、ライブ中にタワーレコード株式会社代表取締役社長、嶺脇育夫より届いた手紙にてサプライズで発表されたアルバム発売。今回、そのタイトルが『アワー・ソングス』に決定、加えてアルバム収録曲、ジャケット写真が発表となりました。

アルバムタイトル『アワー・ソングス』は、これまで多くの楽曲のカバーに挑戦してきたアイドルネッサンスから、オリジナル楽曲を歌うアーティストや楽曲、そしてファンへ、感謝と尊敬を込め“みんなの歌”というメッセージとして発信されたもの。

アルバムリード曲は1990年に発売された高野寛「ベステンダンク」。2月28日に行われるセカンドワンマンライブ「ヱビスですこぶるネッサンス!!」での初披露も決定しました。
更にアルバム用新曲として、「STILL LOVE HER (失われた風景)」(TM NETWORK)、2015年にリリースされたばかりの「Yeah! Yeah! Yeah!」(androp)も収録。これらは《時代を問わず名曲をルネッサンスする》という活動を表現しています。他にもライブ人気曲である「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」(岡村靖幸)や、「金曜日のおはよう」(HoneyWorks)。そして現在廃盤となっているデビューシングル「17才」(Base Ball Bear)、セカンドシングル「太陽と心臓」(東京スカパラダイスオーケストラ)、「初恋」(村下孝蔵) の音源化も決定。
“音楽”と真摯に向き合い、《名曲ルネッサンス》というカバー活動をしているアイドルネッサンスのファーストアルバム『アワー・ソングス』はアイドルファンならずとも新しい発見ができる作品となります。

本日2月23日には初のライブDVD『アイドルネッサンス 1stワンマンライブ エビスではじまるネッサンス!!』も発売。
今週末2月28日に行われる恵比寿リキッドルームでのワンマンライブも間近。

2016年も突っ走るアイドルネッサンスに是非ご注目ください。

この件に関するお問い合わせ

タワーレコード株式会社 広報室 谷河(やがわ)
TEL:03-4332-0705 E-MAIL:press@tower.co.jp


以上

PDF版はこちら

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.