こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

2005年 プレスリリース

  • (0525)
  • タワーレコード株式会社
  • 2005年08月04日
  • Napster

タワーレコード、音楽小売企業として日本初の音楽配信事業に参入
北米・英国で人気の配信ブランド「ナップスター」と合弁

タワーレコード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:伏谷博之)と、米国の音楽配信大手であるナップスター社(Napster, LLC、本社:米国カリフォルニア州、会長兼CEO:クリス・ゴログ)は、本日、日本市場での音楽配信事業に関して業務提携を行ない、両社による合弁企業を設立することで合意いたしました。

新会社の名称は「ナップスタージャパン株式会社(予定)」で、資本金は4 億9 千万円、出資比率は、タワーレコードが68.5%、ナップスター社が31.5%で、設立は本年10 月を予定しています。経営者としては、タワーレコードの代表取締役社長である伏谷博之が、ナップスタージャパン株式会社の代表取締役兼CEO を兼任する予定です。ナップスタージャパン株式会社では、北米・英国で音楽ファンからの幅広い支持を集めているナップスターブランドでの音楽配信事業開始に向けた準備活動を行い、2006 年4 月に日本市場での配信サービスを開始する予定です。

ナップスター社は、2003 年11 月から音楽配信サービスを開始、すでに米国、英国、カナダの3カ国でビジネスを行なっており、まもなくドイツでもサービスを開始する予定です。1 曲単位の従量制ダウンロードサービス(アラカルト・サービス)に加え、月々の会費を支払うことで好きなだけ楽曲がダウンロードできる独自の会員向け定額サービス(サブスクリプション・サービス)を導入し、音楽ファンからの人気を集めています。会員数は合計で約50 万人におよび、楽曲のストリーミング、ダウンロードの合計回数は開始以来約5 億回に達しており、北米、英国では音楽配信のトップブランドのひとつとして成長を続けています。

タワーレコードでは、お客様が音楽と出会える最良の場所を提供するという理念の下、これからの音楽市場活性化のためには、インターネットによる配信というチャネルの活用が不可欠であるという認識から、配信事業への参入を検討してきましたが、アラカルトとサブスクリプションの両方のサービスが展開でき、ユーザーにとってメリットが高いナップスター社との協業によって事業展開を行なうことにいたしました。

また、ナップスター社は、日本市場参入にあたっては、日本の音楽市場をもっともよく理解しているパートナー企業と協業を行ないたいとの考えから、音楽小売のトップ企業としてノウハウを持ち、日本の音楽ファンに豊かな音楽コンテンツを提供していきたいという目標を共有できるタワーレコードとの業務提携を行なうことにいたしました。

音楽配信事業参入にあたっては、タワーレコードでは、各店頭や自社で運営する E コマースサイト「@TOWER.JP」、店頭配布のフリーマガジン等との連動を行い、パッケージビジネスとの相乗効果によってユーザーサービスの充実や音楽市場の拡大を図っていきます。

この件に関するお問い合わせ

タワーレコード株式会社 経営企画室 コーポレートコミュニケーション広報担当 谷河(やがわ)、木田
TEL:03-3496-5009 E-MAIL:press@tower.co.jp


この件に関するお問い合わせ

Napster Contact: Adam Howorth (European Communications Director)
TEL:+44 (0) 207 1017281 E-MAIL:adam.howorth@napster.co.uk


以上

PDF版はこちら

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.