こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

2005年 プレスリリース

  • (0523)
  • タワーレコード株式会社
  • 2005年07月05日
  • 環境活動

今年で9年目となるタワーレコードの「循環型」環境活動
夏の野外フェスで資源回収/リユースカップ活動を実施
―ノベルティのT シャツは全てフェアトレード商品に。ブログも開設―

タワーレコード株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:伏谷博之)は、今年で9 年目を迎える夏の野外フェスでの資源回収活動を実施します。今年はap bank fes’05(7/16~7/18)を皮切りに、FUJI ROCK FESTIVAL’05(7/29~7/31)、SUMMER SONIC2005(8/13,8/14)、RISING SUN ROCK FESTIVAL2005 in EZO(8/19,20)、RUSH BALL05(8/28)、SUNSETLIVE’05(9/2~9/4)の全国6 箇所のフェス会場で、資源回収のためのゴミ袋配布活動を行います(パートナーは国際青年環境NGO“A SEED JAPAN”)。昨年の活動から、一部のノベルティT シャツにフェアトレード製品を使用し始めましたが、今年は、上記フェスでの活動時に使用する全てのノベルティT シャツ(約3,000 枚)にフェアトレード商品を使用します。さらに今年はFUJI ROCK FES.のようなキャンプ・イン・フェス型の会場では、回収したペットボトルを再利用したゴミ袋の配布・資源回収活動を行い、SUMMER SONIC などの屋内施設で行われる都市型フェスの会場では、リユースカップ活動を行います。
また今年は、FUJI ROCK FESTIVAL’05(7/29~7/31)では、新エネキャンペーン「NEW POWER GEAR」※1 に参加し、会場で使用する電力などのエネルギーにバイオディーゼルの発電機を利用するなど、CO2 排出量削減に取り組みます。

この野外フェスでのゴミ袋配布活動は、当社のコーポレート・ボイスである“NO MUSIC, NO LIFE.”の具現化としての「音楽自体のサポート」を行う目的と、音楽ファンと日常の中で環境や平和について考える機会を共有したいという思いから、1997 年に開催された第1 回FUJI ROCK FESTIVAL から実施し始めたものです。
初年度は、当社のショッピングバッグをゴミ袋として配布し、2 年目からは国際青年環境NGO“A SEED JAPAN”の協力要請を受け、オリジナルゴミ袋を配布するコラボレーションが始まりました。年々、来場者の意識も高くなり、昨年夏フェスでのゴミ袋配布枚数は約65 万枚を数え、資源回収活動への参加者も増え続けています。

※1 NEW POWER GEAR・・詳しくは下記HP をご参照ください。
http://www.fujirockfestival.com/new/detail.asp?id=94

■ ■「タワエコブログ(tower-eco.jp)」(PC/携帯共通)開設 ■ ■
今年初めての試みとして、特設ブログ「タワエコブログ(tower-eco.jp)」(PC/携帯共通)を開設しました。
今年9月まで、タワーレコードの夏フェスの環境活動に関するあらゆる情報、例えば夏フェスに関わるタワーレコードのキャンペーン情報や、ゴミ袋のデザイン工程、フェス開催時には現地レポートといったタイムリーな情報をほぼ毎日更新してお届けします。

タワーレコードの環境活動に携わるスタッフの興味のあるトピックスや周辺エコ情報も掲載。特集コーナー「日本全国夏フェス・ガイド」も公開中。
環境インタビュー「eco@bounce」、キャンプ特集「camp@bounce」、プレゼント企画なども満載。

■ ■ 夏フェス仕様のノベルティTシャツは完全フェアトレード商品化※2 ■ ■
~ゴミ袋は再生フィルム素材を使用。メッセージは「Think Musical, Act local.」~
今年は、夏の環境活動で使用するTシャツの完全フェアトレード商品化を実現しました。ノベルティ用TシャツはNGO“グローバル・ヴィレッジ”が運営する“フェアトレード・カンパニー”より約3,000枚のTシャツを購入し使用。Tシャツのほかに、タオルやパスケース、BAG in bagなどのノベルティも作成し、各会場で携帯アンケートに参加いただいた方に抽選でプレゼントするほか、資源回収活動ブースにて活動に参加した方にもプレゼントします。
今年の環境活動で使用するゴミ袋は、昨年同様、これまで各会場で回収されたペットボトルのリサイクル原料を使用した再生フィルム素材製品“ポリペット” ※3を使用します。
また、ゴミ袋やノベルティTシャツに記載されている今年のメッセージは「Think Musical, Act local.」。
音楽と環境が密接に関わる野外フェスという現場からのメッセージとして、<自分で考えるきっかけをフェス会場から日常に持ち帰ろう>という意味が込められています。

※2 フェアトレード
基本的には貿易によって貧困を減らす事を目的に、経済的に弱い立場の生産者に対して仕事の機会を提供し、継続的に安定した収入をもたらす事で、社会的・経済的自立を支援する活動。
今年の環境活動で使用するTシャツをフェアトレード商品にする事で、通常農作物のフェアトレード商品では難しい、生産過程の多くの段階(綿花を育てる→織る→染める→縫う)での貢献が可能になります。また、大企業の原料綿花が安定して大量に供給する事を目的に、遺伝子組み替え種子や農薬の大量使用で生産者の健康や自然に悪影響を与えるのに対し、有機栽培を行う小規模農家から原料を買い取る事で、環境にも優しい貿易、持続可能な社会の実現にも貢献します。
パートナー NGO“グローバル・ヴィレッジ”

※3 ポリペット
通常のゴミ袋に使用されているポリエチレンに比べ、燃焼カロリーが低く、焼却炉にかける負担が少なくなります。さらに焼却時にポリエチレンから発生する二酸化炭素発生量を10%削減でき、有毒ガスである塩素が一切出ない、という環境に優しいもの。

■ ■ 今年の活動実施スケジュール ■ ■
<全国6 箇所の野外フェス会場で実施>
※下記フェスでの環境活動のパートナーは国際青年環境 NGO”A SEED JAPAN”
□ap bank fes’05 (7/16,17,18 静岡 つま恋多目的広場/スポーツ広場)
□FUJI ROCK FESTIVAL’05 (7/29,30,31 新潟 苗場スキー場)
□SUMMER SONIC 2005 (8/13,14 東京/千葉マリンスタジアム・幕張メッセ、大阪/WTC OPEN AIR STADIUM・インテックス大阪・ZEPP OSAKA)
□RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 IN EZO (8/19,20 北海道 石狩湾新港樽川ふ頭野外特設ステージ)
□RUSH BALL 05 (8/28 大阪 泉大津フェニックス)
□SUNSET LIVE ’05 (9/2,3,4 福岡芥屋海水浴場キャンプ場)

■ ■ 2005 年これまでの活動 ■ ■
<2005 年の環境活動実施報告>
●アースデイ東京2005に参加&環境活動
・4/15~4/24に渋谷店と新宿店でリサイクル・ショッピングバッグ10万枚を使用
・4/23・24「アースデイ東京2005」代々木公園会場で環境活動を実施
渋谷店限定で2週間(10万枚)のペットボトル・リサイクル・ショッピングバッグを使用。
4/23・24は会場・代々木公園でリサイクル・ショッピングバッグや夏の野外フェスでの資源回収活動を告知し、環境に対するアンケート調査を実施。

●4/29 沖縄の野外レゲエイベントでゴミ袋配布活動実施
「TOWER RECORDS Japan Reggae Festa in Okinawa2005(沖縄宜野湾海浜公園)」でゴミ袋を配布&分別回収を促進。

本件の情報掲載・取材に関するお問合わせ

タワーレコード株式会社 経営企画室 コーポレートコミュニケーション 広報担当 木田、菅澤
TEL:03-3496-5009 E-MAIL:press@tower.co.jp


以上

PDF版はこちら

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.