こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

トップ > FUJI ROCK FESTIVAL'12会場レポート

カテゴリ : FUJI ROCK FESTIVAL

掲載: 2012年08月02日 17:32

更新: 2012年08月02日 19:06

文/ BIG-HIGH


フジロックといえば、雨!というイメージだったのですが、今年の苗場は本当に暑かった…。
ポンチョにレインハットにレインブーツ。どれも陽の目をみることなく終了しました~。


今年3年目となる【ROAD TO FUJIROCK!! タワーマスク フジロック自転車の旅】も暑さで今年が一番過酷だったそう。
前夜祭の抽選会に間に合うのか!?とハラハラしましたが無事にゴール!みんないい笑顔!

富士山氏(ex.毛皮のマリーズ)は「最後の下り坂で、上り坂の辛さを全て忘れた!」と喜びの表情!本当にお疲れさまでした!タワーマスクのレポートは後日公開しますのでお楽しみに☆


前夜祭は恒例の苗場音頭に始まり、抽選会がスタート!

タワーレコードからはタワレコギフトカード4万3000円分(フジロック3日間通し券相当)をプレゼント!
タワーマスクは前夜祭でこちらの景品を渡すためにはるばる渋谷店から自転車で駆けつけたんですー!


晴れていたので前夜祭の花火も綺麗に上がりました!お客さんのテンションも最高潮!



●1日目
フジロック期間中は、タワーレコードメンバーズの会員登録でもれなくタワレコグッズが当たる!抽選会を開催しました~。
毎日沢山の方にご参加頂きありがとうございました!


NMNLポスターのディレクター・箭内道彦さんがap bankに続きブースに遊びに来てくれました。
この派手なジャージ、襟元が緑色でイチゴ柄なんですよー。
「このジャージ、着て歩くの躊躇した。」って、箭内さんが着なくて誰が着るんですか~(笑)。
来年の4月頃発売予定とのことですのでお楽しみに☆

抽選会中はあまりライヴを見にいけないのですが、ブースがグリーンステージの側なので、聴きながら働けるのは贅沢!

抽選終了後にU-zhaan × mabanua→HIROMI THE TRIO PROJECT→TOOTS AND THE MAYTALS→Houribe LOU→奇妙礼太郎リトルスイング


昼間、お客さんの写真を撮影していたところ、出演者とは知らずに声を掛けてしまったHouribe LOUのみなさん。失礼しました!夜、たまたまAVALONを通過しているときに「いいな~。」と思い足を止めたところ、Houribe LOUの演奏でした!
ハンマーダルシマーというペルシャの擦弦楽器を中心にドラムやパーカッション、ディジュリドゥ、ギターなどで構成された民族音楽なんですが、AVALONの雰囲気にもぴったりで気持ち良かったです!

あとは苗場食堂の奇妙礼太郎リトルスイングが最高でした!
超満員でのライヴはメンバーもお客さんもみんな笑顔!
「3日目のHEAVENのライヴを絶対に見に行こう!」と心に決めました。


深夜にはよろず相談所で開催されるトークショーに3年連続班長が出演!班長が2日目に見たいタイムスケジュールをクイズ形式で出題し、正解者にはタワレコグッズのプレゼントも!


●2日目
ブースのお隣はタワレコのパートナーNGO「A SEED JAPAN」のキャンペーンブース。


ペットボトルのラベルやキャップを剥がしたり、紙コップや割り箸などの分別をし、環境クイズに答えるなど、参加型のキャンペーンを開催することによって、日常でも自分たちが出すごみについて考えてもらうことを目的としています。
ここで分別したごみはペットボトルは来年のフジロックのごみ袋に、キャップはベンチに、紙コップは来年のフジロックのトイレットペーパーに生まれ変わります。


入場ゲートでごみ袋を配布したり、ごみ分別ナビゲーションを行っているのもA SEED JAPANのスタッフです。

毎朝、開場前にはごみ拾いをして会場を綺麗にしているんですよ~!

2日目のライヴはTHE SPECIALS→SAKANACTION→NOEL GALLAGHER'Sをチラリ→OL Kullerもチラリ。
苗場生活も4日目、そろそろ疲れも溜まり電気グルーヴは断念…。


●3日目
タワーレコードがサポートする<NEW POWER GEAR Field AVARON>へ。
NEW POWER GEARは、<AVARON>、<ボードウォーク>、
<FIELF OF HEAVEN>、<ボードウォーク>、<木道亭>、<キャンプサイト>といったステージ/エリアの電力を、
バイオディーゼル、太陽光などのソフトエネルギーでまかない、CO2排出量の削減に取り組んでいるキャンペーン。

地球環境や社会、平和のことなど、私たちをとりまく様々な問題に取り組み、活動するNGOが集まるNGO VILLAGEにはNGO/マーケットなどが立ち並び、ドームの中では自転車発電でフジロックのテーマソング“田舎へ行こう”(忌野清志郎)をかけるといった体力勝負のブースも!

今年はミサンガやブローチを作る「サヨナラアトムのワークショップ」ブースも出店していました。

タワーレコードがサポートする「フジロックの森プロジェクト」ではボードウォーク用の板をペイントするコーナーも。

ライヴは奇妙礼太郎トラベルスイング楽団→toe→井上陽水→RADIOHEAD
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、良かったです。歌声や演奏はもちろん、メンバーがみんな楽しそうなところも幸せな気持ちになります。
魂のこもった歌声にHEAVENが一体感に包まれました!

そして井上陽水。別格ですね!歌声と歌詞に思わずぐっときました。

夜はCRYSTAL PALACEで勝手にしやがれ→OKAWA TAKESHIを見ながら、サーカス「BIR KHALSA DAL」を見たり(ガラスをかじったり、頭の上に乗せたコンクリートをハンマーで叩きわったりとかなり過激でした(笑))、去年見て衝撃を受けた「フジウジ」は「フジウジ・耳に象のいる男・ゾンビショッパー」となってパワーアップ。今年もシュールな世界が繰り広げられていました(笑)。
海外の遊園地のような空間での宴は朝まで続くのでした...。


今年は大好きな癒しのPYRAMID GARDENに一度も行けなかったのが心残り…。
来年はロープウェイに乗ってSILENT BREEZEにも行ってみたいな~。
いつまでもフジロックの余韻に浸っていたいところですが、来週からはRISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZOに出発です!

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://tower.jp/blog/tower-eco/2012/08/02?tb
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

この記事へのトラックバック一覧です:

月別アーカイブ

  • NO MUSIC, NO LIFE. facebookページ
  • NO MUSIC, NO LIFE.ポスターギャラリー powered by tumblr
  • リアルタイム フェスレポート powered by twitter
  • タワーレコード動画チャンネル powered by YouTube
  • タワータワーレコードフォトギャラリー powered by flickr
ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.