こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

アーティスト詳細

諏訪根自子

プロフィール

1920年1月23日生まれの女性ヴァイオリニスト。4歳でヴァイオリンを始め、10歳の時に来日したエフレム・ジンバリストの前で演奏をし、“天才少女”として多くの新聞、雑誌に取り上げられる。12歳で初のリサイタルを開催。16歳でベルギーに留学、18歳でパリに移り、ピアニスト原智恵子の紹介でボリス・カメンスキーに師事する。23歳でクナッパーツブッシュ指揮ベルリン・フィルと協演。1945年ベルリン陥落後、米国を経由して帰国。戦後は第一線から退き、伝説の人物に。1978~80年に『バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』を録音。84年1月、町田で最後の演奏会を開く。2013年3月、92歳で永眠。

2013/06/12 (2013/06/12更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ