こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

アーティスト詳細

ブダペスト弦楽四重奏団

プロフィール

1917年にブダペスト歌劇場管弦楽団のメンバーによって結成された弦楽四重奏団。38年よりアメリカに定着して活動を展開。ロシア人のヨーゼフ・ロイスマンが第1ヴァイオリンとなって以降、名声を得るようになる。ロマン主義的な歌い回しをしない新即物主義的な解釈や第1ヴァイオリンの絶対的優位を避けた各声部の平等主義を取るなど、現代の弦楽四重奏演奏のスタイルに大きな影響を与える。40年からは米議会図書館つき弦楽四重奏団としても活躍。メンバーチェンジを経て、最終的にはメンバー全員がロシア人となるなか、67年2月まで活動。

2016/01/15 (2016/01/15更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ