こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

アーティスト詳細

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

プロフィール

世界で最も古い伝統を誇る、屈指の名門オーケストラ。創設は1743年で、ライプツィヒの商人たちがコンサート協会を設立し、音楽家の支援を始めた。1781年にはコンサート会場を織物会館(ゲヴァントハウス)に移した。19世紀中葉にはメンデルスゾーンがカペルマイスター(楽長)を務め、一躍その名声を高めた。その後も、ニキシュ、フルトヴェングラー、ワルター、アーベントロート、コンヴィチュニー、ノイマン、マズアなど錚々たる指揮者がその伝統に磨きをかけた。1998年からはブロムシュテットが第18代カペルマイスターを務め、2005年秋からリッカルド・シャイーがその後を継いだ。このオーケストラによって初演された作品は、ベートーヴェンの三重協奏曲、ピアノ協奏曲「皇帝」、シューベルトの交響曲「ザ・グレート」、シューマンの交響曲「春」、メンデルスゾーンの交響曲「スコットランド」、ヴァイオリン協奏曲、ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲、ブラームスのヴァイオリン協奏曲、ブルックナーの交響曲第7番など、枚挙に暇がない。

2012/08/30 (2015/10/26更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.