こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

アーティスト詳細

アルバン・ベルク四重奏団

プロフィール

弦楽四重奏団。ウィーン・フィルのコンサートマスター、ギュンター・ピヒラーにより1970年に結成。アルバン・ベルク未亡人によって名前の使用を許可された。01年で結成30周年を迎えた。その間、第2ヴァイオリンとヴィオラの交替はあったが、基本的に演奏スタイルの変化はない。結成後に1年間米国でラサール弦楽四重奏団について学び、現代音楽の演奏法を身につけた。2005年7月4日、2代目ヴィオラ奏者のトマス・カクシュカが生地のウィーンで死去し、弟子のイザベル・カリシウスが3代目のヴィオラ奏者となった。

2012/08/30 (2013/05/10更新) (音楽出版社)

検索結果 お客様がお探しの商品は見つかりませんでした。

検索がうまくいかない時は、次の点を確認してください

  • ・キーワードが間違っていないか確認してください。
ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.