こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

アーティスト詳細

Art Blakey & The Jazz Messengers

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

プロフィール

米ペンシルベニア州ピッツバーグ出身のジャズ・ドラマー、アート・ブレイキーが中心となったジャズ・バンド。1954年から翌年にかけて、ホレス・シルヴァーとともに結成。クリフォード・ブラウンやルー・ドナルドソンらを擁してジャズ・クラブのバードランドに出演、人気を博す。56年のシルヴァー脱退後は不遇となるが、ベニー・ゴルソンの協力を得ながらメンバーチェンジを経て立て直しを図り、「モーニン」「ブルース・マーチ」などのヒットを放つ。59年にゴルソンがバンドを離れるも、ウェイン・ショーターが加入。「チュニジアの夜」をヒットさせる。以降、アート・ブレイキーはリーダーとして活躍するも、90年10月16日に死去。

2015/04/06 (2015/10/22更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ

関連アーティスト