海外発送/販売代行サービスのBuyee(バイイー)

こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

連載/コラム

プラスティック トゥリーの名盤夜話(第5回)

連載: 皿えもん

掲載: 2011年07月01日 22:56

更新: 2011年07月01日 22:57

文/長谷川正(Plastic Tree)

 

アーティストが各テーマに沿ったお皿(CD)を紹介する連載! プラスティック トゥリーは、メンバー4人が交代で今昔名盤夜話をお届けします。第5回の担当は長谷川正!!


皿えもん_プラスティック トゥリー_5

 

[ 今月の夜話盤 ] THE DAMNED 『Damned, Damned, Damned』 Stiff

 

今回は僕のルーツとして欠かせない、ロンドン・パンクの名盤をご紹介します!

さて……ロンドン・パンクのバンドと言えば、まずはセックス・ピストルズを思い浮かべる人も多いのでは?

もちろん僕自身もピストルズは大好きなバンドなのですが、個人的にはダムドからの影響がかなり大きいのです。

特に彼らのファースト・アルバム『Damned, Damned, Damned』は“Neat Neat Neat”や“New Rose”のなどの楽曲をはじめとして彼らの塊のような演奏が聴ける、一言で表すならば〈ロックンロールの正体見たり〉といった感じの、本当に大好きな作品です。ストゥージズ“I Feel Alright”のカヴァーも、原曲に則りながらダムド流にアレンジされていて実にカッコいいです……。

余談ですが“I Feel Alright”は、新宿LOFTで行ったプラスティック トゥリーの初ワンマン・ライヴで演奏した思い出の1曲でもあります(笑)。

その後ダムドはメンバー・チェンジや音楽性の転機を迎えつつ『Machine Gun Etiquette』などの名盤も生み出していきますが、粗削りながらもパンクという音楽スタイルを定義付けたこの作品を軸としながら、表現の枠を拡げていった彼らの姿勢もバンドとして魅力を感じる部分なのです。

 

PROFILE/プラスティック トゥリー

有村竜太朗(ヴォーカル)、長谷川正(ベース)、ナカヤマアキラ(ギター)、佐藤ケンケン(ドラムス)から成る4人組ロック・バンド。95年に初音源となるミニ・アルバム『Strange fruits -奇妙な果実-』を発表し、97年にシングル“割れた窓”でメジャー・デビュー。2010年12月には有村がギラン・バレー症候群を発症するも、台湾公演でファイナルを迎えたツアー〈Plastic Tree ライブハウスツアー2011「アンモナイト(小)」〉にて完全復活。今後は夏フェスや、最新リリースとなる11枚目のアルバム『アンモナイト』(徳間ジャパン)を引っ提げた秋ツアー〈LIVE TOUR2011「アンモナイト(大)」〉も控えている。そんな彼らの最新情報についてはオフィシャルサイトをご覧ください。

 

特集

  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2017/01/23 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • タワレボ - TOWER REVOLVE PROJECT 2014/07/07 タワーレコード独自のストリーミング・メディア、呼称〈タワレボ〉、絶賛配信中!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!
ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.