こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

連載/コラム

第8回 ─ ミナス

連載: Discographic  

掲載: 2002年11月11日 11:00

更新: 2002年11月14日 13:02

ソース: 『bounce』 237号(2002/10/25)

文/ケペル木村

音楽王国ブラジルのなかでも一際光り輝く音楽性を育んできた地域、ミナス。この山岳地域から生まれた透明感溢れるサウンドはやがて〈ミナス・サウンド〉と呼ばれるようになった。少しづつではあるものの名盤たちがリイシューされているいま、胸を締め付けられるようなこの絶品の音たちに触れない手はない!!

 ブラジルのミナス・ジェライス州(以下ミナス)は、リオデジャネイロから400kmほど北に上がった内陸部に位置している。州の名前は鉱物資源が非常に豊かな土地であることを示しており、ミナスの山々からは金、銀、ダイヤ、鉄鉱石をはじめ、かなりの鉱物資源が採れることでも知られている。よって、かつてこの土地ではゴールドラッシュもたびたび起こり、ブラジルのみならず世界中から一獲千金を狙う男たちがミナスへと殺到した。そして、彼らが稼ぎ出す金を目当てに酒場と売春宿ができ、労働力としてアフリカ大陸から黒人が連れて来られ、カトリック教会が続々と進出していくことになる。

 そんなミナスに最初に存在していたのはインディオたちの音楽だった。後から来た多種多様な音楽がそこにミックスされ、現在のミナスの音楽の源泉を作り上げた。ミナスの奥地に今もなお存在するアフリカ伝来の太鼓による強烈なリズム、教会の賛美歌やグレゴリオ聖歌からの影響も強いメロディーとハーモニー、そしてアラブ系移民たちがもたらした独特な節回し、それにミネイロ(=ミナス生まれの人々)が好むハーモニーや楽器などの音色から生まれる独特な浮遊感……。つまりは、ブラジルならではの〈複雑な混血〉が生み出した美しい結果として、ミナス・サウンドは生まれた。

 〈ブラジルの声〉と呼ばれるミルトン・ナシメントの声と音楽は、そんなミナス・サウンドそのものといえる美しさで人々を魅了してきた。まるで童謡のようなシンプルなメロディーをファルセットで歌うかと思えば、ある時は厳粛な雰囲気でグレゴリオ聖歌を捧げ、またある時にはアフリカの大地を疾走するようなリズムに乗って雄叫びをあげ、いつの間にか遙か雲海の彼方を漂っている……。そんなミナスでしか生まれ得ない音楽を作り出したミルトンの元には、ロー・ボルジェス、トニーニョ・オルタ、ヴァギネル・チゾ、ベト・ゲジスといった優れたミュージシャンたちが集まっていき、彼らはいつからか〈クルビ・ダ・エスキーナ=街角クラブ〉と呼ばれるようになっていった。そして彼らこそが 〈ミナス・サウンド〉の担い手となっていったのである。


67年作のデビュー・アルバム『Travessia』(Dubas)


70年代末にミナスのダンス・グループのために制作していた2枚組『Maria Maria/Ultimo Trem』(Nascimento)

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!