こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

ニュース詳細

7月のK-POPチャート発表! 人気男性グループが大激突!

カテゴリ : タワー限定 

掲載: 2010年08月03日 20:38

更新: 2010年08月03日 20:38

 

7月のタワーレコード全店集計のK-POPチャートを発表!

1. SUPER JUNIOR 『ミイナ Bonamana』
2. テヤン(SOL) 『Solar』
3. BIGBANG 『2010 Live Concert Album : Big Show』
4. パク・ヨンハ 『Stars』
5. SHINee 『Lucifer』
6. CNBLUE 『Bluelove』
7. 少女時代 『Oh!』
8. SS501 『Destination』
9. CNBLUE 『Bluetory』
10. SUPER JUNIOR 『The 2nd Asia Tour Concert : Super Show 2』

7月のK-POPチャートで1位に輝いたのは、 6月に引き続き13人組ダンス・パフォーマンス・グループのSUPER JUNIORの最新作『ミイナ Bonamana』。5月にリリースされた本作は、6月末に4曲を追加収録したリパッケージ・アルバムが、7月21日には歌詞の日本語訳が付属したライセンス・アルバムが発売され、いずれも高いセールスを記録しています。また、今週末に東京と大阪で開催される〈SUMMER SONIC 2010〉に出演するBIGBANGのテヤン(SOL)が発表したソロ作が2位、同グループのライヴ盤が3位を獲。5位には、2008年の新人賞を総なめにしたボーイズ・グループのSHINeeによるセカンド・フル・アルバム、6位と9位には今年韓国でデビューしたばかりの4人組バンドであるCNBLUEの2作品がチャートインするなど、今後のK-POPシーンを担うアーティストも名を連ねています。

特集

  • BOY GEORGE 2014/03/26 ポップ・シーンの主役に返り咲かんと、あの男が帰還! その波乱の道程を辿る
  • 『オーケストラがやって来た』稀代の天才音楽家、山本直純が甦る 2014/03/13 昨年12月11日。東京・錦糸町のすみだトリフォニー大ホールで「『オーケストラがやって来た』が帰って来た!」という風変わりな題名の演奏会が開かれた。翌朝フェイスブックに書き込んだ私の感想文が、当日の雰囲気を伝える。
  • 想像の調教 2014/03/07 冨田勲の声の音楽

インタビュー

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEとTOWER RECORDS店舗は価格・ポイント・特典・お取扱い商品などが異なる場合がございます。
TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。

Tower Records Japan Inc.