海外発送/販売代行サービスのBuyee(バイイー)

こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

インタビュー

Czecho No Republic『Santa Fe』

カテゴリ : COVER ARTIST 

掲載: 2015年09月10日 00:00

ソース: 2015/9/10

TEXT:

tower35-2midashi

2枚のシングル“Oh Yeah!!!!!!!”“For You”を含み、シンセポップへ大きく振り切ったニューアルバム『Santa Fe』。洋楽、とりわけインディポップ好きも邦楽ロック好きも夢中にさせそうなこのアルバム。メンバーのキャラクターも徐々に浸透してきた今、彼らのサウンドに出会う絶好のタイミングがやってきた!

海外のシンセポップと共鳴しつつ、今のCzecho No Republicにしか作れない音楽の魔法が詰まった3rdアルバム

洋楽、とりわけインディーポップと邦楽の進行形ロックの橋渡し的存在、これはCzecho No Republicによく使われてきた形容詞だ。しかし、今回のメジャー3rdアルバム『Santa Fe』の1曲目である“Firework”のイントロが鳴った瞬間、そして曲が進んでいくにつれ、これまでの形容や説明がいい意味でぶっ飛んでしまうぐらい、メロディや選ばれた音のカタルシスに巻き込まれる。そしてそれがイコール、ある種のワールドスタンダードな音楽なんだと気づく、それぐらい説明不要な<音>が鳴っているのだ。

現在のメンバー編成になり、それまでのレパートリーを改めてレコーディングしたメジャー1stアルバム『NEVERLAND』、そして5人バンドとしてのまとまりを肉体性のある曲やアレンジで聴かせた2ndアルバム『MANTLE』と、着実に歩みを進めてきた彼らだが、メインソングライターの武井優心には常に若干、今まさに表現したいこととのタイムラグがあることもインタビューで明かしていたのも事実だ。まずはなんと言っても今のメンバーでのCzecho No Republicを定着させること、そこに音源もライブも注力していたと言えるだろう。そしてバンドのキャラクターがライブや、アニメやCMタイアップのついたシングル“Oh Yeah!!!!!!!”“For You”でさらに定着したタイミングで、今回のアルバムは思いっきりシンセポップやドリームポップに舵を切ったトータルでひとつのサウンドスケープに浸れる内容にまで振り切ることができたんだと思う。

まずは前述のオープニングチューンにしてリードトラックの“Firework”が素晴らしい。印象的なシンセのリフレインに加え、ベースラインもシンセベース、しかも選りすぐりの音色。そして武井とタカハシマイのユニゾンやコーラスのメロディの美しさが上昇感のあるサウンドと相まった時のカタルシスは最高だ。しかも彼らには珍しいマイナーキー、歌詞は<不安で逃げ出したくなる日はイメージを飛ばそう…>と、決して花火を享楽的に楽しんでいるわけじゃないのも彼ららしい。Czecho No Republicがロックバンドたる所以もそんなところにある。そしてアルバムはシンセと声という大きなテーマをもって、様々な表情を見せてくれる。彼ら流のミニマルファンクも感じさせる“Heart Beat”、このアルバムの方向性を決定づけたという“Beautiful Days”の荘厳ささえあるアレンジとドラマティックな展開にも引き込まれるし、八木類のちょっとシュールでサイケデリックな個性がアルバム全体を引き締める“Fun, Fun, Fun, Fun, Fun”と、前半だけでも澄んだ空気を感じながらショートトリップを体感したかのよう。

そして、アルバムの中でも特にPASSION PITやSMALL POOLSといった既に世界でシンセポップといった狭義のジャンルを越えてポピュラーな人気を放つアーティストとのリンクを感じさせる“エンドルフィン”も楽しい。また、本作の中では異彩を放っているのが“クワーキーワールド”、つまりへんてこりんな世界。ダークなテーマパークに紛れ込んだようなストーリー性のある展開をけん引するのは、まるでミュージカルのようなメロディを歌うタカハシのボーカルだろう。相当な難曲だしスケール感もあるが、それを大げさに聴かせない凛として突き抜ける彼女の声質あってのCzecho No Republicらしい1曲―。“For You”で顕著になったホーンの導入をこの曲でも聴くことができるのだが、アレンジは違う方向性で、そこも大きな聴きどころだ。多彩なシンセを使ったアルバムの中でバンドサウンドが前面に出てた“イメージ”もフックになっている。特に<人が持つイメージではなく、自分が心に描いたイメージで生きていきたい>と歌う歌詞は、ある意味、このアルバム、ひいては彼らがずっと思ってきたこととリンクして聴こえてくる。そう、スタイリッシュなサウンドとは裏腹に、いや、スタイリッシュなサウンドだからこそ、不安や泣きたい気持ちと、好きなことをやればいいんだという自己肯定感の狭間を常に揺れる表現が、今の時代にリアルに響いてくるのだと思う。楽しく聴けて、自分の心にもいろいろな感情が巻き起こる、まさに音楽の魔法が詰まったCzecho No Republicからの最新のギフト、それが『Santa Fe』だ。

チェコ

■Album……『Santa Fe』 now on sale!!

■Song list
01. Firework
02. Heart Beat
03. Oh Yeah!!!!!!!
04. Beautiful Days
05. Fun, Fun, Fun, Fun, Fun
06. エンドルフィン
07. クワーキーワールド
08. イメージ
09. Empty Your Mind
10. For You
11. オルゴール

初回限定盤付属DVD

・日比谷野音ワンマンドキュメンタリー

【Oh Yeah!!!!!!! 】
 
【For You~Short ver.~】
 

■Live…「『Santa Fe』リリース記念 聖なる行進TOUR」

2015年9月18日(金)北海道 cube garden
2015年9月20日(日)宮城県 SENDAI CLUB JUNK BOX
2015年9月21日(月・祝)新潟県 GOLDEN PIGS RED STAGE
2015年9月24日(木)香川県 DIME
2015年9月26日(土)福岡県 DRUM Be-1
2015年9月27日(日)熊本県 熊本B.9 V2
2015年10月2日(金)大阪府 なんばHatch
2015年10月3日(土) 広島県 広島CLUB QUATTRO
2015年10月9日(金)石川県 Kanazawa AZ
2015年10月10日(土)愛知県 THE BOTTOM LINE

tower35-mini
記事内容:TOWER+ 2015/9/10号より掲載

特集

  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2017/01/17 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • タワレボ - TOWER REVOLVE PROJECT 2014/07/07 タワーレコード独自のストリーミング・メディア、呼称〈タワレボ〉、絶賛配信中!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!
ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.